熱がない時の嘔吐、下痢(と、伝え方)

  • 2017.11.23 Thursday
  • 12:57

下の、かんこ先生のお尋ね、皆さん、お願いしまーす、ご自身の園の方法や考え方を書いてください。私、しつこく言いますよ、なにもかも「お互いさま」です。なんでもかんでも、もらいっぱなしは最終的に人生の大損につながります。自分ひとりですべてをすることができない以上、人はまわりからいろいろな助けをもらって生きています。だから、なんでも共有!です。

 

あ、あと、ブログのカテゴリーに「感染症、嘔吐、下痢」を足して、最近の感染症関係のスレッドをこのカテゴリーに移しました。

 

さて、「熱がない子どもが嘔吐、下痢をした時、保護者にいつ(例:何回嘔吐したら?)、どのように伝えるか」というご質問を研修会でいただきました。大事なのでこちらに。ただ、私にはわからない話なので、並木由美江先生(この保育の救急訓練のビデオを作った先生)にうかがいました。以下の通りです。後に私の意見(コミュニケーションの方法)もついています。皆さんのご意見も、ぜひお聞かせください。

----

(並木先生の回答)

 いつもと違う症状があった場合の連絡についての質問についてのお答えですが、保育現場で毎日関わる悩みでもあります。

 『感染症対策ガイドライン』などでも、おおまかな目安でこのくらいなら保育可能、このくらいで保護者連絡、このくらいで病院受診など示されていますが、子どもは皆それぞれ年齢や体質、熱やお腹がデリケートなど、ありますよね。ですから、その日初めての嘔吐や下痢でも、その時に保育園がした手当てと経過を、午前中の症状であれば保護者の昼休みの時間あたりにお知らせしておくとよいと思います。そして、その後の経過で、保育の中で配慮できることも伝え、場合によっては受診を勧めたり、お迎えをお願いすることと、お伝えしています。こうすることで、保護者が仕事のやりくりをして、お迎え要請に対しても準備できます

 嘔吐下痢で熱はなくても、「お腹の風邪」といわれる感染性胃腸炎の流行するこれからの時期は、嘔吐下痢の症状から脱水、発熱、と症状が加わっていくことがあります。早めの適切な連絡は、保護者にとっても子どもにとっても助かることになると思います。

------

 

 掛札のおまけ(感染症流行時期の前に伝えること、そして、電話で伝えること)。この手紙(B-1の「体調が悪化する/した時のために」)も今のうちに、下の2のひとつとして出すようになさってください。

 

1)熱や嘔吐、下痢などの体調不良(変化)を保護者に電話で伝える際、受診や早いお迎えを強く勧めることは、コミュニケーション上、避けてください1−8で安全行動における「目先」の話を書きましたが、仕事中の保護者も「目先(=今、している仕事)」に没頭した状態です(人間は常に「目先」優先)。そこに電話を受ければ、(心配であるからこそ)「今、している仕事」と「子どもの体調不良」の間で心理的に引き裂かれた状態になります。「迎えに来てください!」と強く言われれば、感情的にもなります。

 ですから、並木先生が書いている通り、「体調がおかしいぞ」という時に早く、「今、〜ちゃんがこういう状態ですので、お知らせしますね」と平(たい)らかに伝えます。保護者が「今は迎えに行けません」と言ったとしても、この状況では十分、園側で対応できているでしょうから、「お迎えに行けません」に対しては、これまた平らかに「あ、はい。〜ちゃんが嘔吐(下痢)をしたので(または発熱し始めたようなので)、まずはご一報申し上げました。体調をみながら、熱も測りながら、1時間後にまたご報告しますね」と伝えます。そして、たとえば1時間後に熱が下がらない、あるいは、たとえば2時間後にまた嘔吐、下痢をした場合には、「ご報告をさせていただきますね。〜ちゃんが…」と平らかに伝えます(明らかな「体調の急変」の時は、別です)。

 なぜ、このような継続的で、冷静な報告(「お迎え要請」ではなく)が大事かというと、最初の電話の時は「会議の直前!」といらだった(+心配な)保護者も、1時間後や2時間後の電話の時は、「会議が終わったし、これで帰っても大丈夫かな」と思えるかもしれないからです(これが、並木先生が書いている「仕事のやりくり」の、実際の心理・行動)。人間、予測していなかったことが急に起きると驚き、感情的になりますが(一度目の連絡)、その後(二度目の連絡以降)は当然、冷静を取り戻し、「仕事」と「子どもの体調」の間のバランスを考えられるようになる確率が高いからです(驚きと感情の話は、コミュニケーションのトピックスのこちらの解説)。

 もちろん、保護者から「どうしたらいいでしょうか?」と訊かれたら、「できれば、病院に受診できる時間にお迎えに来ていただいたほうがよいと思います」と答えるのでしょうけど…。

 

2)感染症流行時期の前(=今)に伝えておくこと

 今の時期、「感染症がこれから流行します」という事実の他に、「子ども(特に乳児)は、自分で体調の異常や具合の悪さを表現できないため、嘔吐や下痢、熱の裏にある急変を見逃す危険性もある」「体調が悪いなと思ったら、早めに受診をして、自宅でゆっくり過ごすことが、早く元気になるためにも大切」「保育園では体調が悪いお子さんを見守るけれども、嘔吐や下痢、熱が続く場合は、体調の悪さの裏に何か重大なことがないかどうか調べてもらうべく、受診できる時間にお迎えにきてほしい」といったことをことあるごとに伝え、「あなたの/皆さんの大事なお子さんをお預かりしている私たちは、お子さんの体調の変化を定期的に、電話でお伝えします」と先に言っておきましょう。

 こうした内容を、実際に熱があったり、嘔吐下痢が起きた時に言っても、「目先」と「心配」の間の心理状態の中にいる保護者には伝わらないこともあります。感情的に「おおげさに言ってる」「脅かさないで」と思う保護者もいるでしょう。それでは逆効果なのです。あくまでも、こういった内容は、感染症が流行する前、あるいは、その子ども(たち)が元気な時に、冷静に伝えることです。

 

3)「オオカミが来た」を起こさないために

 子どもが何時間も熱を出していても、嘔吐や下痢をくりかえしていても、それが命に関わる結果になることはまずめったにありません(きわめて稀ですが、亡くなっている事例はありますし、それがどの子どもに起こるかはわかりません)。そうすると、「目先」と「心配」にはさまれた心理状態になってお迎えにきた保護者は、子どもを見てホッとした気持ちもあり、「目先」と「心配」の間で悩んだ感情もあり、たいてい、「ああ、思ったより元気だ」「よかった、たいしたことないじゃない」という感情に向かいます。「オオカミが来た」の状態です。

 そして、次に「熱があります」「嘔吐、下痢です」と園から電話が来ると…。「この前だって、あんなに元気だったし…」と、ここで「オオカミが来た」状態が強くなります。人間の楽観バイアスとあいまって、これはなかなか消すことができません。ありがたいことに、子どもはまず亡くならないからです。極端な話、「38度の熱が4時間続いたら、1歳児は必ず昏睡状態になって、亡くなります」という話なら、こうした「オオカミが来た」は起こらないのです。でも逆に、ごく稀ではありますが、体調の変化後、数時間、数十時間以内に亡くなるお子さんもいるのが事実です。

 だから、保護者に体調不良の電話をした時に、上の2)で書いたようなことを言うべきではないのです。2)の内容を電話で言えば、「大げさに言って!」を強化するだけだから、です(もちろん、伝える側の言い方にもよりますから、「絶対に、こういうことを言ってはいけない」とは私も書きません)。

 2の内容はあくまでも、子どもが元気な時、感染症が流行する前に伝えておきます。

 

 

コメント
当園ではこんな風にしています。まず
(駄收萓犬里っしゃっている感染症ガイドラインのP37〜P41をそのままのせて+Q&A方式にした冊子を、保護者に入園時に配布しています。→お子さんが体調を崩したときに役立ててほしいこと Q1、熱はないけどこんな症状・・これって登園してもいいですか? A、(感染症ガイドラインの表)を参考にしてください。保育可能なのか?家で様子を見た方が良いのか?すぐに病院に連れて行った方が良いのかを判断するのに便利です。熱・咳・嘔吐・下痢・発疹(ブツブツ)の5つの症状別にかかれてあります。保育園でもこの表を参考にご連絡の判断をしておりますので、登園を控えた方が良いか迷ったときは活用してください。

⊆,忘7遒里曚韻鵑世茲蠅任呂海良修林凖派分のところを抜粋したものを下の文章とともにのせました。(特に大事と感じるものに厳選し、下痢は思い切って省略しました。)
→毎年11月〜年末にかけて、この時期の嘔吐・下痢は園内で非常に流行しやすい傾向があります。
特に、保育中に嘔吐があった場合、すぐに塩素消毒で職員同士が連携をとりますが、一瞬で大勢に感染し、園内の感染対策だけでは追いつかない現状があります。この時期は特に家庭との連携が不可欠です。お子さんに嘔吐症状があれば表を参考に登園の判断をお願いします。
こんなときお迎えの電話をします(嘔吐)
・咳を伴わない嘔吐がある
・元気がなく、機嫌・顔色が悪い
・2回以上の嘔吐があり、水を飲んでも吐く
・吐き気が止まらない
・お腹を痛がる

実際に嘔吐があった!
→いつもの様子と違う!(お腹が強いパターンの子)→電話でもそこを強調(比較的判断しやすい)
→いつもお腹がデリケートパターン→随伴症状(顔色不良・食欲低下・腹痛・よだれ過多・嘔吐後も嘔気続く)の有無を探す→あればそれを強調していつものデリケートだけでは説明がつかないことを保護者に伝えてお迎えお願いする。
→明らかに感染性胃腸炎の症状あるが、迎えに来てくれないパターンでは、他の園児への感染のリスクを説明し、受診を促す(園との信頼関係が築けていないことも多い)
皆さんにお願いしていることなので、どうかご協力お願いしますと電話越しにスライディング土下座するイメージでお伝えしたこともあります。(このパターンはめったにありませんが・・笑)
  • フジ
  • 2017/11/24 4:19 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM