ホメオパシーについて

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 22:35

フジ先生からお尋ねをいただきました。

----

入園してから、ホメオパシーを実践していることを知った園児が在籍していまして、対応にすごく困っています。産まれてこの方、何のワクチンも打っていないとのことです。保護者の方と話を重ねましたがワクチンは悪という信念があり、話が全く噛み合いません。他の園の方で経験された方がいればなんでもよいので情報が欲しいです。私自身ホメオパシー療法の意味がさっぱりわかりません。しかし検索すると立派なサイトがあります。保護者が良いと思っても無理ない内容です。

----

 

 皆さんのご経験、対応をお書きください。ホメオパシーについては、NPOサイトのトップページ「最新情報と大切な情報」に置きっぱなしにしてあるこちらのページにも書かれています。

http://www.sciencecomlabo.jp/index.html

(「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」、左側の「民間代替医療」の中にリンクがあります。)

 ただ、これを見せて「だからホメオパシーは」と言っても無理です。そこが人間の信念の難しいところでありまして…。予防接種に関しては、園医から説明してもらうことはできませんか? 感染症などでも、おそらくホメオパシーで治そうとしていると思うのですが…。

 

 人間にとってプラセボ効果は重要ですので、「効く」と思って使っていれば多少は効きます。それに風邪や多少の感染症なら、どのみちそのうち治ります(そして、プラセボ効果を「効いた」と思う)。もちろん、たかが風邪でも重症に陥ることはありますが稀なので、そういった方たちのお子さんはおそらくたいてい、大丈夫なのです。

 ただ、園に免疫学的弱者(病気や病気治療で予防接種を打つことができない)であるお子さんがいたりしたら、これはまったく別の話です。予防接種は個人防衛でもありますが、集団防衛、免疫弱者保護の方法でもあるからです。あるいは、アトピーなどで皮膚がバリバリになっていて出血、他の子どもにも…となると、他の保護者が黙っていないでしょう。そこらへんも含めて、皆さんのお話をお聞かせください!

(かけふだ)

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/11/09 9:06 PM
お返事遅くなり申し訳ありません。ホメオパシーについての情報ありがとうございます。レメディー実践されています。先生のおっしゃる通り、予防接種だけではなくて、病気の治療でもです。病気になれば受診し、診断してもらい、家に帰ったらもらった薬は捨てて、診断された病気に合ったレメディーを使うそうです。園医に相談したところ海外では医療ネグレクト?になるのかとの情報もいただきましたが・・それ以降話が進んでおりません。またいろいろと模索してみます。
  • フジ
  • 2017/11/24 4:25 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM