お尋ね3つ。特に、ホクナリン、組体操

  • 2017.09.21 Thursday
  • 14:05

 遅くなってしまって、またしてもごめんなさい。

 

1)まずは、たまるん先生から。

(お尋ね)

 昨日の資料3ページのスライド「寝た子を起こすではない。寝ていない保護者はたくさんいる」という文は、どのような意味でしょうか。すでにお話頂いていたら二度手間にしてしまい申し訳ありません。

(お答え)

 お尋ね、ありがとうございます! 「寝た子を起こすな」は、ご存じの通り、「気がついていない(であろう)人に、わざわざ気がつかせる必要はない」という意味で、知らないでいいことは知らなくていいという、きわめて東アジア的な態度です。

 しかしながら、今の保護者の中には、保育施設のリスクについてわかっている人もたくさんいます。かといって、わざわざ「これは危ないのでは?」「どうやって対応しているんですか?」と聞く人も少ないでしょう(そう訊くこと自体、「クレーマー」扱いする園がありますから)。

 じゃあ、保育園側は言わなくていいか。ダメです。だから、「寝た子(親)を起こすな」ではなく、「起きている(けど何も言わない)親に向けて、しっかりリスク・コミュニケーションをしましょう」という意味です。このあたりのリスク・コミュニケーションについては、こちらのページの特にB-1、最初の「概要」をお読みください。

 

2)スナフキン先生からです。ホクナリン・テープについて。

(お尋ね)

 保育所に勤めています。先日、保護者の方に、投薬は医療行為なので断られるのはわかるけど、ホクナリンテープは親が貼るのに、なぜダメなのか?と言われました。薬、ホクナリンは無くす方向でお断りしている状況なので、どのような対応策があるでしょうか。

 

(掛札の答え。皆さん、ご意見をお願いします!)

 お医者さんも、「誤飲したら責任とれないからじゃないか」とおっしゃっているわけですよね。その親御さんのかかりつけ医なのか、園医なのかにもよりますが…。ということは、このリンク先のB-1の中、「シールやパッチを体につけてきた時」の所からリンクを貼ってある手紙を貼って、ご説明してはいかがでしょう。

 それでも貼るという保護者はいるでしょうし、医者によっては「保育園でも、貼っておいていいだろう」という人もいるでしょう。そうなったら、それはそれでしかたありません。医者が「やれ」と言っていることを保育園がダメということはできない…(?)でしょうから。園に言わずに貼ってくる人もいると思います。

 ですから、この手紙を貼って、渡して、「なにかあったらあなたの責任ですよ」と伝えておく。そして、責任の所在を明らかにするため、必ずテープには名前と日付を書いてもらうということです(ホクナリンテープはけっこう園内に落ちています)。もし、名前のついていないテープが落ちているのがみつかったら、全保護者に向けて、再び報告、呼びかけ!です。

 

3)そして、はなまる先生から…。これは…、うーん、うーん。

(お尋ね)

 ご相談ですが、今年も運動会で年長(14名)が組み体操をします。本番に向けてもう特訓中ですが、練習を見ていると1段目の子どもからグラグラしていて、危険を感じてしまいます。スポーツ庁では「安全が確保できない場合は中止にすべき」と言っています。大人の手は入りますが、未就園児に4段はとても危険な事にしか見えないのです。
 職員にいくら話しても、「子どもにやらせたいから」「親が期待しているから」「体操教室の成果を見せないといけないから」で、危険を認識してもらえません。スポーツ振興センターでは小学校以上の事故内容しかわからないので、どれだけ保育園で組み体操の事故があるかは分かりません。どのように伝えたら、組み体操を中止若しくは縮小してもらえるのか、悩んでしまいます。一体、誰のための運動会なのでしょう。

 

(掛札の答え。皆さん、ご意見をお願いします!)

 先生方の言うことはある意味、ごもっとも、です。園が「組体操をやめる」と言っても、保護者が「やめないで」と言うケースは多々あります。

 唯一、私がお伝えしている(お伝えできる)のは、「万が一、深刻な事故が起きた時に、『あれだけ報道されていたのに、まだ組体操をしていたの?』と言われる、そのリスクを背負う覚悟があるのなら…」という点です。それこそ、上の「寝た子を起こす」ではありませんが、たとえば5年前なら、何か起きてもさほどのニュースにもならなかったのかもしれません。けれども、今は違います。明らかに糾弾されます。社会的責任も問われるかもしれません。その時、「保護者の人たちも、やりたいと言ったから」と言っても、保護者の中には心配していた人がいるでしょうし、そういった人たちは「私たちは心配してたのに」と言うはずです(マスコミなどに)。

 保護者の方たち全員に、「組体操をこれまで通り、続けてもいいですか?」というアンケートをとってはいかがでしょう? そのためのアンケートもここ(「組体操・アンケート」)に作ってはありますが、ただ「続けてもいいですか?」でもかまいません。一人でも「やめるべき」「やめたほうがいい」という人がいたら、やめるか、そのお子さんは組体操に入れない。そうしないと、何か起きた時の代償は非常に大きくなってしまいます。

 今年、組体操をなさっても(たぶん)何も起こらないでしょうし、「だから、はなまる先生が心配性なんだよ」「大丈夫って言ったじゃない」と言われるだけです。そして、先生の園ではこれから先、何十年も何も起きないかもしれない。でも、逆に今年、先生の園で死亡事故が起きるかもしれない。あるいは、「やっぱり大丈夫だったよね」と思って続けた、来年。

 私個人は、「高さを伴う競技」という点では、保護者が乳児を抱えて走ったりするものも恐怖なのですが、組体操は「高さ」だけではありません。「上から下を押しつぶす」という要素も加わります。つまり、つぶされた本人の被害だけではなく、つぶした子どもたちの心の傷も考える必要があります。

 先生たちも、組体操の報道についてはご存じだと思います。「これだけ報道されている」という点のリスクを考えていただきたいのですが、いかがでしょうか…。

 

ご参考までに、2016年3月25日の新聞記事の要約を載せておきます。

〔組体操で死亡9人〕 スポーツ庁は3月25日、組体操について国として初めての指針を公表した。学習指導要領に定められた項目ではないため、「確実に安全が確保できると判断した時以外は見合わせる」といった内容で、危険な種目の禁止や高さ制限などは盛りこんでいない。
 指針を定めるにあたり、日本スポーツ振興センターが組体操事故に関連して災害共済給付を支給した事例を分析した。2014年に医療費を給付した8592件中、立ち上がった状態で組む「タワー」が1241件(14%)、手と膝をついた状態で組むピラミッドが1133(13%)と上位を占めていた。6289件を小学校が占め、中学校が1885件。また、2095件が骨折。負傷部位は、頭と首を合わせた割合が、肩車で27.8%、タワー25.6%、倒立13.2%、ピラミッド10.9%と、いずれも学校における運動事故全体の平均5.5%より高い。また、1969年以降、組体操の事故で9人(小学校3件、中学校5件、高校1件)が死亡していたこともわかった。障害が残った事故は92件で、タワーが29件と最も多く、ピラミッド14件、肩車11件、倒立6件等だった(各紙、3月25日)。

〔掛札コメント〕 私が一番びっくりしたのは、わざわざ調べるまで過去の死亡の数がわからなかった、という点です。「確実に安全が確保できると判断」の部分は、単なる責任逃れですね。ケガが起きたら、「判断を間違った施設の責任」と言えばすむのですから。これは今さら驚くことではありません。高さを伴っているので頭と首のケガは当然増えますが、それだけでなく、複数の人間で組むため、全体が崩れると落下だけでなく圧迫も起きます。転落死だけでなく、圧死も起こるということです。

コメント
保護者としての意見になりますが…今年自分の息子が小学校に入りました。初めての小学校の運動会を親の目線で見た感想です。6年生の種目に組体操がありました。小学校の方針としては長年の伝統である組体操を続けたいというお知らせが事前に配布されていました。運動会当日も、職員の先生方が事故の無いようにと配慮されている様子が、観客席にも伝わっていました。しかし、ちょうどメディアで運動会シーズンの組体操の話題がさかんに取り上げられていた時期でもあり、正直不安の方が大きくて、演技に感動したり、安心して魅入ることができない自分がいました。怖がりの私には園児で四段は不安という言葉しか出てこない…かな
  • フジ
  • 2017/09/21 10:43 PM
早速、お返事頂きありがとうございます。
体操教室の担当職員にも相談したところ、4段やっているところは他にはないと言っていました。
主任も園長も危険性は全く認識していないようです。
むしろ、伝統だからやらせたい…と。

事故が起きなかったら、感動、賞賛され、
事故が起きたら、危険だと思っていたのにと言われる。

「万が一、深刻な事故が起きた時に、『あれだけ報道されていたのに、まだ組体操をしていたの?』と言われる、そのリスクを背負う覚悟がありますか?」と聞いてみます。


こんなの分りきったことだと思うのに。
最近、保育業界の憤りを感じざるを得ません。

  • はなまる
  • 2017/09/22 1:33 PM
掛札先生との出会いは6年前の初任施設長研修の時に拝聴してから大変感銘を受け、以来、追っかけのように研修やセミナーに参加させて頂いてきました。
お恥ずかしながらこちらのサイトを拝見するようになって1年位なのですが
大変役に立たせて頂いている日々。私も少しでもお役に立てればと僭越ながら…
前置き長くなってすみません。
認可保育園で園長をしております。
うちの運動会では組体操は行なっておりましたが簡単な扇や2人トンボ、2人ブリッジ位でタワーなどは行なって参りませんでした。
やる必要を感じなかったからです。
そして、今年は担任の思いもあって、組体操自体をなくしました。
ソーラン節や、ダンス、また、リレーなどでこどもたちの
純粋でひたむきなまっすぐな姿は十分過ぎるくらい
保護者の皆さんに成長を喜んで頂ける感動の連続ですし
なんら物足りなさなど感じません。

リスクを考えた時、他の方法でできることがあるのなら
他の形でどうできるかを考えることも
保育の楽しさでもあり
保育の奥深さでもあり。

そういう捉え方をしてみると
普段から視野が広がり凝り固まった考えと伝統に
柔軟に対応できるようになります。
そしてそれを実践し続けることで保護者の感覚も同じように変わってきます。
これは、実証済みです。

はなまる先生の園でもそのように感じ考えられる先生が
増えてくるといいですね。
  • はな
  • 2017/09/23 2:38 AM
はな先生、ありがとうございます。

そうですね。他の方法、他の形でも、子どもたちの「できる!」を表現できるなら、あえてリスクをおかす必要はないと思います。たとえば、「4段のピラミッド」によって園が表現したい「子どもにできること!」はなんなんでしょう…。それを記述できて考えられて、4段のピラミッドではない形に置き換えられるというのは、ピラミッド自体のリスクはたとえなかったとしても、保育園、幼稚園、こども園の先生にとって大事なスキルだと思います。

あとは保護者が「伝統を残して…」というのも問題だなあと、あちこちで思います。先生たちが「続けたい」だけではなく、あるいは、先生たちはやめたくても、保護者が「やめないで」と言う。人間は「変える」のが嫌いな生き物だと心理学の実験からもわかっていますが、本当にそうだなあと思う事例です。

はなまる先生、いかがでしょ? はなまる先生が大変なことになっていないといいのですが…。
  • かけふだいつみ
  • 2017/09/26 10:36 AM
ご心配お掛けしております。

あれから何人かの先生に、子ども達が組体操を行う事について意見を聞いているところです。
「危険だ。今すぐ止めるべき」「組体操じゃなくても、他に表現方法がある」と言っている先生も何人かいました。
その先生を味方に(そのときになって味方をしてくれるかどうかは分りませんが、組体操の危険性、リスクについて伝えたいと思います。

保育業界って、伝統に縛られているのは、保護者だけでなく、保育士もそうなんだなと思います。先生たちは気づいていないかもしれませんが…

子ども達を守る為、先生達を守る為に頑張ります。
  • はなまる
  • 2017/09/26 2:50 PM
はなまる先生、

ありがとうございます。無理はしないでくださいね。園の中ではなまる先生がいる立場は私にはわかりませんが、無理を押して(一部の? たくさんの?)保育者、保護者を敵に回すことがいい、とは、今の状況の中では言い切れないからです。何も起きない限り、「だから、大丈夫って言ってるじゃない!」と言われるだけ、という可能性もおおいにあるのです。そして、本当に保護者が「やめないで!」と言っているケースは多いので…。

特に今年はもう目前なのでしょうし、くれぐれも無理をしないでください。ダメだったらダメ、ここでブツブツ言ってください。そして後で保護者が一人でも、「組体操こわいね」と言っているのを聞いたりしたら、そこから来年に向けて、です。

保育園はどうかわかりませんが、幼稚園はまだけっこう組体操をしていると思いますが…。
  • かけふだいつみ
  • 2017/09/27 7:10 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/09/28 2:19 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/09/29 9:18 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/09/30 12:22 AM
スナフキン先生、はなまる先生、メッセージを読みました。
スナフキン先生、ホクナリンテープ、ごく一般的な質問に変えました (^^) はなまる先生、メッセージを読みましたが、組体操云々より園そのものが心配です。はなまる先生の心配はわかります。先生自体がそこで無理をなさらないでください。

組体操に関しては、こんな記事がありました。
http://www.asahi.com/amp/articles/ASJDL4PT7JDLUTQP00X.html
  • かけふだいつみ
  • 2017/10/02 9:12 AM
スナフキン先生、メッセージをありがとうございました。与薬(飲み薬、塗り薬)をするかどうかというのも、ものすごく問題なのですが、ホクナリンテープに関しては、「他の子どもにとって危険」という別の側面がありますから、そちらで話していったほうがいいと思います。かかりつけ医だって、そういうリスクはとりたくないでしょうから (^^)
  • かけふだいつみ
  • 2017/10/02 9:15 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/10/03 10:52 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/10/07 11:24 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM