熱性けいれんの対応について と、おまけ

  • 2017.08.25 Friday
  • 15:38

 じゅんころりん先生から、熱性けいれんに関するご質問をいただきました。看護師さん、お医者さん、皆さま、よろしくお願いいたします!
 その前にひとつ。昨日、さいたま市でプール中の死亡事故が起こりました。こういった事故が起こると必ずといっていいほど、「ちゃんと取り組んでいる園の取材をしたいので、保育園を紹介してください」という電話がマスコミの方から来ます。
 ですが、私は絶対に紹介しません。なぜなら、私がずっと関わっている園(複数)の先生たちは、「万全にしていても、『これで十分』ということはない」と考えておいでで、「『こんなふうにしています!』と言えるようなことはしていない」とおっしゃるからです。私の行動は間違っているでしょうか…?
 
 では、じゅんころりん先生からいただいたご質問です。
-----
 初めて相談させていただきます。今年度から、施設長をさせていただいています。熱性けいれんの対応について質問です。
 3名(2歳児2名、1歳児1名)、熱性けいれんの既往歴があるお子さまがいます。今年度から、看護師がいるため、座薬(ダイアップ)を預かり、37.5度になったら挿入してもらえないか?という要望がありました。
 本部と相談したところ、看護師はいつもいるとは限らない(1歳児の母親で病欠することもある)ので、座薬は保管しておくが、挿入は母親または家族にお願いすることにしました(37.5になった時点で連絡をします)。
 お伝えをすると、熱があがる前に挿入しないと効果がないので、納得していない様子でした。
どのように、対応をするのがよいのでしょか?教えてください。お願い致します。

 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/08/25 6:44 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2017/08/25 6:50 PM
内科医ママさん、いつもありがとうございます! 上の「訂正」の部分を反映したものをコピーしました。これで合っておりますでしょうか。

---以下、内科医ママさんのコメント---
いつもしゃしゃり出てきてすみません(^^;)

ここではあくまで『非小児科医で、母親である、という立場でのコメント』という前提で読んで頂けますと幸いです。

熱性けいれんもガイドラインがあります。
http://minds4.jcqhc.or.jp/minds/febrile_seizures/febrile_seizures.pdf
(いわゆるダイアップの予防投与に関する部分は50ページから)

ガイドライン上はハイリスク患者には発熱時のダイアップ予防投与が推奨され、単純性熱性けいれん(いくつか条件があるのですが、いわゆる基礎疾患のない、短いけいれんの子、というイメージで考えてください。詳細は必ず成書参照)の場合予防投与は必ずしも推奨されていませんが、個人的には一般的には単純性熱性けいれんでも予防のダイアップは処方されている場合が多いとは思います。

ちなみに…熱性けいれんを目の前で見たことがありますか?
例え医療従事者であっても、それが我が子あるいは担当の子で目の前で起これば怖く、慌てることが多いのではないでしょうか。
周りの医者、看護師のパパママから『気が動転した!』とか『救急車呼んでしまった』とか結構聞きます…(^^;)

話を戻して、今在園している児が本当に予防投与が必要なハイリスク児かどうかはわかりませんが、
例え再発率が低い、予後良好な単純性の子(予防投与不要かも)に対してであっても、『医療従事者であっても肝の冷えるような子供のけいれん』が座薬くらいでほんの少しでも予防できる可能性があるのならば、

投与するメリット〉〉〉投与しないメリット
あるいは
投与しないデメリット〉〉〉投与するデメリット

と思いませんか…?(あくまで母親かつ内科医の立場です)
またガイドライン上も発熱後早期の投与が必要と記載されているものに対して、『迎えにきてから家族が』というのであれば、もはや予防投与自体の意味が…

本部との話し合いになるのでしょうが、看護師がいることもあるのなら、原則看護師が投与することとし、万が一不在のときの対応を主治医を含めて検討、の方が良いのではと私は思います。

話はそれますが、以前もコメント申し上げましたが、保育園は医療上の問題に対して園と保護者のみで解決しようとしすぎではないでしょうか。投薬や健康上の特殊な管理については、それがその子にどれくらい必要なのか、主治医にしかわからないことがたくさんあります。是非処方をしている医者を巻き込んで解決策を探してください。
  • 内科医ママ(かけふだがコピペ)
  • 2017/08/25 9:35 PM
内科医ママさんの最後の部分、すごく「その通り!」です。新しい本にも書きましたが、「これ以上は園としては扱いきれない」「専門外だ」ということは、外にしっかり投げるべきです。それをしてこなかったから、今、「なんでも園で」になってしまった部分もあると思います。
  • かけふだいつみ
  • 2017/08/25 9:37 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM