保護者の方からいただいたコメントです

  • 2017.05.15 Monday
  • 08:43

新刊の作業が山場〜。頑張ります。

 

保護者の方(「3歳児ママさん」)からコメントをいただきました! 公開していいのかな?と思って確認させていただいたら、「公開してください」とのことでしたので、こちらに。私から3歳児ママさんにお送りした回答もありますが、まず数日はそれを載せずに、元のコメントだけ。皆さんのご意見をお待ちしています!

 

-----

 

 初めまして、3歳の幼稚園生の母です。ブログとHPを読ませて頂き、大変勉強になりました。

 

 我が子は2歳児クラスまで認可保育園に在園しておりましたが、親の希望と保育園への不信感から今年の春から幼稚園へ入園しました。

 在園していた保育園は、入園したと同時に出来た保育園でした。幼稚園に転園するまで、保育園の先生方はざっと考えただけで20人以上が辞められました。我が子の0歳児の時の担任、1歳児の時の担任も何度途中で1名ずつ辞められ、主任もすぐ辞めてしまい、現在までずっと不在の状態です。若い先生方が頑張っているのは分かるのですが、本当に手探りで保育をしている状態のように見え、保護者参加時の保育体験では、散歩の時に園児が車に轢かれそうになり、こんな状態で散歩に行っているのかと驚きました。

 また同じクラスのお母さんからの直接聞いた話で、散歩中その方のお子さんが散歩に行った先で置き去りになったそうです。警察沙汰になり、園から謝罪はあったそうですが、他の保護者に説明はありませんでした。そのクラスのお散歩が暫くされなかった為、話をお聞きしてようやく合点がいきました。その方は、子どもが人質に取られているから何も出来ないというような事をおっしゃっていました。確かに子どもの事を思い、園に強く言える方はそう多くないと思います。

 

 でもどうしてそんな事になってしまうのか、保育の質が認可でさえこのような状態でと思うと自分に何か出来ないか思い、まずは何が原因なのかを知りたかったので色々調べていて、掛札先生のブログに辿りつきました。他の保護者の方はそれほど何も感じていないようで、自分が心配性すぎるのかとずっとモヤモヤしておりました。先生のブログ、HPを読み、自分の考えは間違っていなかったと思えました。また、保育園の先生や幼稚園の先生の大変さもよく分かりました。

 

 一保護者として、先生方の手を煩わせないこと以外に保育の質の改善に出来ることがあれば教えて頂きたいです。
 長々と失礼致しました。

 

3歳児ママ

コメント
こんばんは、今年年少担任の保育士です(保育歴は10年目です)
幼稚園と保育園、両方で勤務経験があります。(現在は保育園)
思いきった転園、素晴らしいですね。
一保護者として… ですが、「手を煩わせない」の取り方も色々ありそうで物議を醸し出しそうですが…

個人的には
○家庭でも一般教養を身に付ける機会をもつ(生活習慣や交通ルール、人間関係など)
○園からのルールは守る
(例:持ち物には名前を書く→誰のものか確認する間子どもから目を離してしまうので
例:勤務時間とどうしてもの時以外はきちんとお迎えに来る→保育士の準備時間が取れることで安全につながる)
○保護者目線で気づいたことを、クレームではなくやんわり園側に伝えてもらう。

ぱっと思い付いたことです。
あとは、3歳児ママさんのような意識を持っていただけるだけで違ってくるかと思います。

初めてコメントしました。
よろしくお願いいたします。
  • ちかっち
  • 2017/05/15 11:53 PM
ちかっち様

こんばんは、幼稚園にも勤めていらっしゃったとの事で、どちらの大変さもご存知のうえで具体的な項目を教えて頂きありがとうございます。
手を煩わせないように努めなければと思いつつも、日々忙しさに追われて完璧に出来ていない事もあります。特に名前付けは新しい物を買ったときに直ぐすべきですね。

全て基本的な事ですね。
親の心掛け次第、やるべき事をきちんとできる親でないと、こどもの見本になれないと心しておきます。

  • 3歳児ママ
  • 2017/05/22 5:20 PM
3歳児ママさん、ちかっち先生、ありがとうございます。ようやく、新刊の校正の山場を越えましたので、私のコメントも今夜あたり載せさせていただきます! 他の皆さんもぜひ、ご意見をお聞かせください。保育、子育て、安全は、保護者の方たちと保育者とが一緒に作っていくものですから (^^)
  • かけふだいつみ
  • 2017/05/23 12:50 PM
3歳児ママさんに私がお送りした最初のお返事です。

----

まず、認可園だからまともだということはまったくありません。認可外でも、自分たちの方針を守りたい、保護者と園がお互いを選びたいという信念で認可にならず、良い保育をしている園はたくさんあります。マスコミが言っていることは、このへんで大きく間違っています。もちろん、比率からすれば、認可外のほうが質が悪いであろうことは間違いありませんが。

お子さまがお通いになっていた園は新園だったのですね。企業であれ社福であれ、新園はどうしても保育士が寄せ集めになるため、運営がうまくいきません。母体がしっかりしていて、経験のある主任やリーダー保育士を新園に複数、異動させられればいいのですが、ここ数年はそれもできず、園長だけは母体からきた人(でも、元リーダー程度。経験は浅い)、残りは全部寄せ集めという園がどんどん増えてきています。

そして、根本的に保育士の配置基準は、安全を確保するうえでもまったく足りません。「保育の質」なんてマスコミは平気で言いますが、今の配置基準、若年化では、そんなことは無理も無理です。

結果、ご経験になったようなことになったわけです…。

まず、原因の部分をお伝えしてみました。いかがでしょうか? 

おっしゃっていることに大賛成する保育士はたくさんいます。とにかく施設を増やせばいい、とにかく預かればいい、では、子どもは育ちません。命も守れません。
  • かけふだいつみ
  • 2017/05/25 3:19 PM
このように思って下さる保護者の方がいらっしゃることを本当に嬉しく思います。

私は都内の小規模保育施設の園長をしています。
世間では待機児童の問題だけが騒がれて、保護者の方々は、「どんなところでも、どんな保育士でもいいから子どもをとにかく預かってほしい」と思っておられるのかと、悲しく思っておりました。都内はどんどん保育園が新設され、その経営母体は保育への圧倒的な知識不足と現場への理解がないまま、お金儲けのためにやっているという企業も、残念ながら少なくないように思います。地域の会議に参加すると、園長先生でさえ1年でガラリとメンバーチェンジが起こっています。保育士さんはもっとでしょう。私もそうですが、みんな子どもたちのためにという一途な思いでこの職に就き、この、保育士は給料が安くて大変な仕事だという報道の中でも、夢を持って仕事に取り組むのです。
掛札先生のお話を何度か聞かせていただき、子どもたちの安全が何よりも優先されるべきだと感じた私も、経営本部にその研修の内容を伝えましたが、お金儲けと安全はどうやらかけ離れたところにあるようで、派手な行事やカリキュラムにはお金をかけても、一見地味な安全には全く理解が得られません。
派手な行事やカリキュラムは、企業の宣伝にはなりますが、その準備には大変な労力がかかり、子どものお昼寝中にできなければ持ち帰り仕事となります。私自身は行事よりも午睡チェックに力を入れてほしいので、なるべく保育士さんの負担を減らし、子どもたちの安全を守る方に保育士さんの力を注いでほしいと考えているのですが、会社も世間も、それを許してはくれないのです。
保護者の方も見学にいらっしゃると、どんなカリキュラムがありますか?英語はやってますか?行事はどんなものがありますか?と質問をされます。保護者のニーズはそういうところにあるのだと感じます。
度重なるサービス残業、持ち帰りの仕事、そして何よりも自分の目指す保育ができない、そんな中でどんどん離職が繰り返され、保育の質は向上されないままです。
配置基準も、現在1歳〜2歳は保育士1人に対して子どもが6人と決められています。でも実際は12人のクラスを、若い経験の少ない先生2人で見るのは難しいです。お昼寝の布団を1人が用意する間はもう1人の先生が1人で12人見るのです。誰かが泣いたり、怪我をしたり、嘔吐などあれば、1人で残りの11人を見るのです。人件費の関係で、余分な人員を配置すれば経営本部から怒られてしまいます。
保育士さんの地位向上、お給料の上乗せのため、自治体から処遇改善費という補助金も出ていますが、全てがそのために使われるのではなく、保育士さんの手に渡るのはほんの一部です。

保護者の皆様には、どうか「保育園をどんどんたくさん作ってほしい」と社会に訴えるだけでなく、同時に、「どこでもいいわけではない」ということも声を上げてほしいと思います。そして施設が新しくてきれい、英語教育をやっている、行事がたくさんあって華やか、そんな事で保育園選びをしないでほしい。
このコメントを読んで、そんな風に感じました。

どうか全ての保育園が、子どもたちのための安全な暖かい場所になりますように…
  • まこまこ
  • 2017/06/04 3:44 PM
まこまこ様

こんばんは、コメント読ませて頂き、私も保活中は便の良い保育園に入る事だけを望んでいた事を思い出しました。でも、認可の申込をしているのですから、希望の10園を書いた中に安全性が問われるような園があるなど夢にも思いませんでした。認可というお墨付が何となく保護者に何も考えない安心感を与えているのかもしれませんね。

見学をした時も、安全面の点からは、設備にしか目がいかない気がします。人的安全性を保護者はどこから感じ取ればいいのか、経験が少なすぎると思います。

今の制度では、人を増やせないのなら、希望的過ぎるかもしれませんが、出来るだけ先生達の仕事が減るような保育内容になるといいですね。
少し前にフランスの保育について書かれた本を読みましたが、フランスでは幼児の運動会やお散歩もないそうです。極端な話では確かに、無くても良い気がします。特に運動会なんて行事は、小学校に入ってからでも出来るのですし、何も出来ない乳児が半分のクラスを占める保育園で必要ないように思います。
  • 3歳児ママ
  • 2017/06/12 5:42 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM