お尋ね3つ。特に、ホクナリン、組体操

  • 2017.09.21 Thursday
  • 14:05

 遅くなってしまって、またしてもごめんなさい。

 

1)まずは、たまるん先生から。

(お尋ね)

 昨日の資料3ページのスライド「寝た子を起こすではない。寝ていない保護者はたくさんいる」という文は、どのような意味でしょうか。すでにお話頂いていたら二度手間にしてしまい申し訳ありません。

(お答え)

 お尋ね、ありがとうございます! 「寝た子を起こすな」は、ご存じの通り、「気がついていない(であろう)人に、わざわざ気がつかせる必要はない」という意味で、知らないでいいことは知らなくていいという、きわめて東アジア的な態度です。

 しかしながら、今の保護者の中には、保育施設のリスクについてわかっている人もたくさんいます。かといって、わざわざ「これは危ないのでは?」「どうやって対応しているんですか?」と聞く人も少ないでしょう(そう訊くこと自体、「クレーマー」扱いする園がありますから)。

 じゃあ、保育園側は言わなくていいか。ダメです。だから、「寝た子(親)を起こすな」ではなく、「起きている(けど何も言わない)親に向けて、しっかりリスク・コミュニケーションをしましょう」という意味です。このあたりのリスク・コミュニケーションについては、こちらのページの特にB-1、最初の「概要」をお読みください。

 

2)スナフキン先生からです。ホクナリン・テープについて。

(お尋ね)

 保育所に勤めています。先日、保護者の方に、投薬は医療行為なので断られるのはわかるけど、ホクナリンテープは親が貼るのに、なぜダメなのか?と言われました。薬、ホクナリンは無くす方向でお断りしている状況なので、どのような対応策があるでしょうか。

 

(掛札の答え。皆さん、ご意見をお願いします!)

 お医者さんも、「誤飲したら責任とれないからじゃないか」とおっしゃっているわけですよね。その親御さんのかかりつけ医なのか、園医なのかにもよりますが…。ということは、このリンク先のB-1の中、「シールやパッチを体につけてきた時」の所からリンクを貼ってある手紙を貼って、ご説明してはいかがでしょう。

 それでも貼るという保護者はいるでしょうし、医者によっては「保育園でも、貼っておいていいだろう」という人もいるでしょう。そうなったら、それはそれでしかたありません。医者が「やれ」と言っていることを保育園がダメということはできない…(?)でしょうから。園に言わずに貼ってくる人もいると思います。

 ですから、この手紙を貼って、渡して、「なにかあったらあなたの責任ですよ」と伝えておく。そして、責任の所在を明らかにするため、必ずテープには名前と日付を書いてもらうということです(ホクナリンテープはけっこう園内に落ちています)。もし、名前のついていないテープが落ちているのがみつかったら、全保護者に向けて、再び報告、呼びかけ!です。

 

3)そして、はなまる先生から…。これは…、うーん、うーん。

(お尋ね)

 ご相談ですが、今年も運動会で年長(14名)が組み体操をします。本番に向けてもう特訓中ですが、練習を見ていると1段目の子どもからグラグラしていて、危険を感じてしまいます。スポーツ庁では「安全が確保できない場合は中止にすべき」と言っています。大人の手は入りますが、未就園児に4段はとても危険な事にしか見えないのです。
 職員にいくら話しても、「子どもにやらせたいから」「親が期待しているから」「体操教室の成果を見せないといけないから」で、危険を認識してもらえません。スポーツ振興センターでは小学校以上の事故内容しかわからないので、どれだけ保育園で組み体操の事故があるかは分かりません。どのように伝えたら、組み体操を中止若しくは縮小してもらえるのか、悩んでしまいます。一体、誰のための運動会なのでしょう。

 

(掛札の答え。皆さん、ご意見をお願いします!)

 先生方の言うことはある意味、ごもっとも、です。園が「組体操をやめる」と言っても、保護者が「やめないで」と言うケースは多々あります。

 唯一、私がお伝えしている(お伝えできる)のは、「万が一、深刻な事故が起きた時に、『あれだけ報道されていたのに、まだ組体操をしていたの?』と言われる、そのリスクを背負う覚悟があるのなら…」という点です。それこそ、上の「寝た子を起こす」ではありませんが、たとえば5年前なら、何か起きてもさほどのニュースにもならなかったのかもしれません。けれども、今は違います。明らかに糾弾されます。社会的責任も問われるかもしれません。その時、「保護者の人たちも、やりたいと言ったから」と言っても、保護者の中には心配していた人がいるでしょうし、そういった人たちは「私たちは心配してたのに」と言うはずです(マスコミなどに)。

 保護者の方たち全員に、「組体操をこれまで通り、続けてもいいですか?」というアンケートをとってはいかがでしょう? そのためのアンケートもここ(「組体操・アンケート」)に作ってはありますが、ただ「続けてもいいですか?」でもかまいません。一人でも「やめるべき」「やめたほうがいい」という人がいたら、やめるか、そのお子さんは組体操に入れない。そうしないと、何か起きた時の代償は非常に大きくなってしまいます。

 今年、組体操をなさっても(たぶん)何も起こらないでしょうし、「だから、はなまる先生が心配性なんだよ」「大丈夫って言ったじゃない」と言われるだけです。そして、先生の園ではこれから先、何十年も何も起きないかもしれない。でも、逆に今年、先生の園で死亡事故が起きるかもしれない。あるいは、「やっぱり大丈夫だったよね」と思って続けた、来年。

 私個人は、「高さを伴う競技」という点では、保護者が乳児を抱えて走ったりするものも恐怖なのですが、組体操は「高さ」だけではありません。「上から下を押しつぶす」という要素も加わります。つまり、つぶされた本人の被害だけではなく、つぶした子どもたちの心の傷も考える必要があります。

 先生たちも、組体操の報道についてはご存じだと思います。「これだけ報道されている」という点のリスクを考えていただきたいのですが、いかがでしょうか…。

 

ご参考までに、2016年3月25日の新聞記事の要約を載せておきます。

〔組体操で死亡9人〕 スポーツ庁は3月25日、組体操について国として初めての指針を公表した。学習指導要領に定められた項目ではないため、「確実に安全が確保できると判断した時以外は見合わせる」といった内容で、危険な種目の禁止や高さ制限などは盛りこんでいない。
 指針を定めるにあたり、日本スポーツ振興センターが組体操事故に関連して災害共済給付を支給した事例を分析した。2014年に医療費を給付した8592件中、立ち上がった状態で組む「タワー」が1241件(14%)、手と膝をついた状態で組むピラミッドが1133(13%)と上位を占めていた。6289件を小学校が占め、中学校が1885件。また、2095件が骨折。負傷部位は、頭と首を合わせた割合が、肩車で27.8%、タワー25.6%、倒立13.2%、ピラミッド10.9%と、いずれも学校における運動事故全体の平均5.5%より高い。また、1969年以降、組体操の事故で9人(小学校3件、中学校5件、高校1件)が死亡していたこともわかった。障害が残った事故は92件で、タワーが29件と最も多く、ピラミッド14件、肩車11件、倒立6件等だった(各紙、3月25日)。

〔掛札コメント〕 私が一番びっくりしたのは、わざわざ調べるまで過去の死亡の数がわからなかった、という点です。「確実に安全が確保できると判断」の部分は、単なる責任逃れですね。ケガが起きたら、「判断を間違った施設の責任」と言えばすむのですから。これは今さら驚くことではありません。高さを伴っているので頭と首のケガは当然増えますが、それだけでなく、複数の人間で組むため、全体が崩れると落下だけでなく圧迫も起きます。転落死だけでなく、圧死も起こるということです。

研修会で行っている「絵を描くワーク」のフォローについてお尋ね

  • 2017.02.15 Wednesday
  • 23:18

うっちー先生からご質問をいただきましたので、お答えします。ここに出てくるワークは、今年に入ってから研修会で実施しているもので、まだNPOのサイトには書いていませんが、年度の真ん中あたりには書こうと思います。いずれにしても、年度の初めにしても意味のないワークなので。「ワークがわからない」という方は、飛ばしてください。

----


 研修会で長時間にわたって大切なお話をユーモアを交えてお話しくださいましてありがとうございました。とても良い勉強ができました。今日の経験を自分だけで終わりにせず、園内や同市内の保育園とも共有していきます。
 お忙しいところすみませんが下記の件につきまして教えていただけるとうれしいです。最後におこないました「絵を描くワーク」を私が園内で行った場合、各保育士が伝えているつもりでもなかなか伝わっていないことなどを共有できたとしてまとめとして、どのように締めくくればよいのかをより良い方法がございましたら教えてください。
 絵を描き終わり、それぞれうまく伝えられた人、うまく伝えられなかった人などいろいろ出てくると思います。それを人によっては、なかなかうまく伝えられないこともあるんだねということで終わってよいのか、それとも、だからこうしましょうやこういうことに気をつけましょうというような文章などがありますでしょうか。
 ご返答をどうぞよろしくお願いいたします。
 

----

1)うまく伝わって、原画が複製できるグループ、できる人、できない人、それぞれです。「できてよかったね」「できなくてがっかり」ではありません。うまくいかないのが当然。うまく複製できたとしても、「今日は、このグループではうまくいった」というだけのことだよ、という点を確認してください。なによりも「ああ、説明ってうまくいかないんだなあ」「自分では精一杯伝えているつもりなのに、伝わらない」「思い込みで描いちゃった」ということを実感することが大事です、と。

 

2)「説明だけ」「質問だけ」ではうまくいかない。「説明と質問をお互いにしていくこと」が鍵。この文化ではどうしても、質問することをためらいがちです。「聞いたら怒られるかも」「うっとうしいと思われたらやだな」「きっと、こういうことだろう」が、結局、「質問しない」「間違って伝わる」「後で大変」を生むのです。

 行動のポイントは、「質問する」。でも、質問はなかなかしづらい。だから、その場で上の立場にいる人が積極的に「質問ない?」「なんでも聞いて」と(やわらかく明るく)声をかけること。これが、質問しやすい環境をつくる第一歩です。ただ、『命の守り方』にも書きましたが、「わかった?」と聞いてはダメです。この文化では「わかった」と聞かれたら、さっぱりわからなかったとしても「わかりました」と答えざるをえないからです。「わかった?」ではなく「質問ない? 私の説明、うまくないから…」「お願い、聞いて。後で『違ってた!』ってなったらみんな、困るから」といった声がけを。

 行動としては…、あとは復唱でしょうか。それは、NPOサイトの「コミュニケーションに関するトピックス」のC−2「園内コミュニケーション(口頭)のルール」をお読みください!

 

 まずはこんな感じでいかがでしょうか、うっちー先生。

母語が日本語ではない保護者に伝える

  • 2016.11.29 Tuesday
  • 11:19

マミオ先生から、質問をいただきました。これは、すでに取り組んでいる園もあるはずです。知恵を貸してください。私のアタマだけでは限界があります。

----

はじめまして。先日、先生の研修に参加させてもらった者です。とても勉強になりもっと話を聞きたいと思いました。
私は某私立保育園で2歳児の担任をしています。最近、噛みつきや引っ掻きが多く、保護者に経緯を伝えているのですが、保護者の中には外国人もいて…伝えたいことがうまく伝わりません。日常生活に困らない程度の日本語は分かるらしいのですが…
成長の過程であることを伝えたいのですがあまり理解できないようです。
やはり外国人には伝えるのは難しいのでしょうか?

----

 

1)まず、ご自身の自治体に聞いてみてください。自治体によっては、多言語通訳を電話を通じてするサービスを持っていますから。

2)次に、これをちょっと見てください。役に立つものがあるかもしれません。

学校などの多言語通知文例紹介サイト(桐生市)

http://www.kiea.jp/useful_info.html

外国人住民支援ツール(神奈川)

http://www.kifjp.org/kcns/tool/

3)園内に掲示を出して、「保護者の方で●●語ができる方はいらっしゃいませんか?」と尋ねてみる。

 

まずは手始めにいかがでしょうか。

 

英語だったら私にもお手伝いできるんですが…。

方針を変える時にどう伝える? 「年度途中」はダメ!

  • 2016.10.30 Sunday
  • 21:14

腰痛が悪化中の掛札です。

運動会も終わったでしょうから、皆さん、お願いします、ご質問にアドバイスを書き込んでください。私ひとりではとてもじゃありませんが不可能です。このところ、本当に睡眠時間以外は全部仕事してます。食事中もメール書いてたり、サイトの原稿書いたりしてます…。

 

---ジュンコ先生からご質問をいただきました。後ろに私の回答を少し書いています。---

 

はじめまして。こんにちは!
9月に掛札先生の研修に初めて参加させていただきました。

私の園は以前は「保育室」でした。家庭的という方針でしたので、朝の視診で保護者に「散歩大丈夫ですか?」と確認をするようにしていました。
そして、1年4カ月前より認可園として開園しました。60定員の園です。家庭的という方針を大切に朝の視診で同じように対応してきましたが、集団生活、職員の人数もありますし、できることとできないことがあるということと、うちは病児保育をしているわけではないので「鼻水、咳が出るからお部屋でお願いします」というのであれば家庭で保育をお願いしたいという考えと、「子どもにとって」を考えたら就学へ向けての体力つくりの為にも戸外で活発に過ごせるような保育をしていきたいと職員の中で話をしました。


そこで、保護者に今までしていたこと(外遊び大丈夫ですか?と視診できく)をしなくなる場合の伝え方、この場合おたよりの出し方をどのようにしたらよいでしょうか?

 

-------

 

どう書くかは、今すぐには考えられないのですが(ごめんなさい、今週は火曜日以降ずっと遠方出張なのです)、一つはっきり言えることがあります。よほどの理由がない限り、今の時点で「変えます」と言ってはダメです。年度の途中で方針を変えるのはお勧めしません。今年度末(2月、3月)から少しずつ、「こうしていこうと思います」と伝え、4月1日から始める、が原則です。「なんで途中で?」と要らない憶測を呼ぶからです。

 

そして、これもすべてに共通。

なぜ4月の1日に突然、「変える」と言ってはいけないか。4月1日は、日本じゅうが「新しい!」「変わった!」「大変!」になっている日だからです。人間は変化を嫌う生き物です。それも他人からおしつけられる変化が大嫌い。その前から小出しにしておかないと、「年度の初めになんで突然!」という感情的な反応を引き起こしてしまうからです。特にこの話題は、保護者からしてみれば「これまでしてくれていた対応を、してくれなくなる」ととられてしまいますから、ネガティブな感情を引き起こしやすいでしょう。それを引き起こさない伝え方をそもそも考えなければいけない(就学に向かって、という部分を強調する、など)ですね…。

 

ということで、まずは、「今すぐ伝える」はナシです。こういうことを伝えた園の先生、伝えなきゃ、と同じように考えている先生、どうぞコメントを残してください!

保護者アンケートの使い方、フィードバックの方法

  • 2016.09.12 Monday
  • 08:18

サボコ先生、ごめんなさい! すっかり忘れておりました。催促してくださって感謝感謝です。

 

-----

うちの園では、昨年から、保護者参加の行事後に全員へのアンケートをすることにしました。それまでは、連絡ノートや学期末の個人面談などで行事、園全般、保育者についての意見や感想を言って下さる方もいたのですが、よほど言いたいことがある方だけ、という感じでしたので、より積極的に意見を聞いてみよう、といういきさつでした。いくつかの設問に対し、自由記述式にしています。

今のところ、解答率は6〜7割。そのうち半数以上は「良かったです」「楽しかった」というような内容ですが、中にははっきりと、まぁ、批判というか、否定的な内容もあります。

先生の著書の中にも、「保護者からの声はクレームではない、貴重な意見」とある通り、私たちもそう思ってはいます。しかし、あまりにも、、という内容のものは、どう受け止め、どう返したら良いのでしょう。

例えば、
*こちらで配慮するには限界のあるもの(運動会で近くの席にいた卒園生がうるさかった、とか)
*個人的な感情のもの(上の子の時のほうが、上手にできていた、とか)

また、フィードバックの仕方ですが、今は、いくつか内容をピックアップし、できるだけ、具体的な回答をし、これをおたよりにして全員に配っています。ピックアップする基準としては
*複数人から出ているもの
*保護者同士の気づきにつながるもの(時間を守らない人がいた、席取りや参加時のマナー、など) が中心です。

今のやり方に関して、そしてもっと有効に活用するにはどうしたら良いのか、アドバイスを頂けますか? よろしくお願い致します!

 

----

 

保護者アンケートをとる一つの理由は、改善点を探るためです。もうひとつは、「言いたいことを言ってもらうため」です。人間は「自分の考えや思いを言いたい生き物」。だから、「言葉に出せる場所をつくる」ことは大事。それが保育園の行事の後に実施する保護者アンケートの目的だと考えてください。「言いたいことを言ってもらうため」なので自由記述でよいわけですし、何もなければ何もないでいいということになります。「ああ、園は聞いてくれる」「発言させてくれる」ということなので。

 

では、集まった声に対してどうするか。行事の場合、考え方の柱は2つあると思います。

1)保護者のために行事をしている

2)子どもたちのために行事をしている

 

1)なら、保護者の都合や保護者の感情(「うちの子が恥ずかしい思いをした」「うちの子が負けた」など)に対応する必要があるでしょう。ひとつひとつの声に答えていく必要が出てくる。

2)なら、そうした必要はありません。そうではなく、「私たちの園では、こういう目的でこの行事をしています。子どもたちのいつもの姿、たくさんの人たちの前で緊張している姿も見ていただくことが目的です」とはっきり書いて終わりです。それでも、いろいろとおっしゃってくる保護者の方はいると思いますが、それは「先日お渡ししたお手紙の通りです」で終わらせます。保護者が自分の子どもに対して持つ感情に対してまで、園が責任を持つことはできませんし、私は、責任を持つべきでもないと考えます。

 

ただ、他人の迷惑になる行動だとみなせるのであれば、それは共通のルールとして伝えます。「見ている間は静かに」「撮影エリア以外で立ち上がらない」「他の人を押しのけたりしない」「駐車場では…」などです。事前に伝えておいてもルールに反する人はいます。その時は、その場ではっきり「〜しないでください」と伝えて(放送して)ください。後で伝えても「あの時は…」と言い訳が出てくるだけです。その場ではっきり言うことで、他の保護者も「園は公平だ」という印象を持つでしょう。

 

まずは、こんなお答えでいかがでしょうか?

「朝食の大切さ」を伝える

  • 2016.08.30 Tuesday
  • 12:28

YOKO先生から、次のような質問をいただきました。ちょっと待ってくださいね〜。「うちの園ではこんなふうに書いた」という例がありましたら、コメントしてくださいませ。


「最近朝食を食べてこないお子さんが増えています。朝ごはんは1日の活力になるので食べてきてほしいということをクラスだよりに書きたいのですが、上手く言い表せません。掛札先生、保護者の方に伝わる書き方を教えてください。」

 

今はちょっとこっちのことで心がいっぱいいっぱい…。血圧が上がりっぱなし…。

http://itsumikakefuda.com/

言い回しに困ったら(新スレッド)

  • 2016.08.17 Wednesday
  • 19:21

皆さま、

 

コミュニケーション関係で困ったら、どんなに小さなことでも書き込んでくださいませ〜。2か月も続いた私の不調状態も、ようやく元通りになりそうです。無理をするなってことでしょう。

 

さて、ひとつ。makko先生から。

 

「臭いについての伝え方で困っていました。園児の持ってくる衣類・シーツが芳香剤の匂いではなくカビ?臭いにおいがするのです。においには感じ方や好みもありますが、細菌繁殖の可能性もあります。お伝えしたいのですが、どのようにしたらよいでしょうか?個人的に伝えたほうが良いのか、お便りで全員に伝えたほうが良いのか悩みます。
 保護者への声掛けにまだまだ不慣れな私です。何か良い方法がありましたら教えてください。」

 

うわあ、難しい。難しいです、臭いは。自分で気づいていない人に気づいてもらうのは、大変。「その香水、ちょっときつすぎるよ!」「柔軟剤、入れすぎなんじゃない?」ならまだ言えるのですが、それ以外の臭いは…。ものをはっきり言う米国人でも、「同僚に言えないこと」のひとつなのです。

 

私だったらたとえば、「着替えの中に、部屋干し臭がするものが時折あります。ちょっと臭うかな?とお感じになったら、洗濯洗剤を変えてみてはいかがでしょうか。臭いが強い場合には、保護者の方にお伝えします」とおたよりなどに書いておき、その後、臭いが消えない場合は口頭で伝えると思います。いかがでしょう…。

 

かけふだ

いろいろ、です

  • 2016.08.04 Thursday
  • 13:12

1)下のほうのスレッドに「『大丈夫』が多い私の園の先生たちをどうしたらいいか」とコメントを書いてくださったゆう先生、ぜひ、「安全のトピックス」の「安全全般」の一番上に載せた「深刻事故対応を具体的につくるための考え方」を使って、園内で考えてみてください。例で説明しているので、わかりやすいかと…。下の「ぼちぼち離陸中」のサボコ先生のコメントも参考になさってください。サボコ先生、いつもありがとうございます!

 

2)「先輩とのコミュニケーション」の質問をお寄せくださった先生から、その後のコメントをいただきました。今、お休みなさっているとのこと、休む時はしっかり休んでくださいね (^^)

 

コメントの一部をコピーさせていただきますね。

-----コピー始まり----

「あれからいろんな事を考え、ペアの先生には誰も頼れる人がいなかった事に気が付きました。皆その先生の保育を評価するだけで、具体策は教えてあげていなかったんです。ペアの先生も責任と日々の業務で辛かったと思います。

そして今わたしのクラスにはフリーの先生が入り、クラスの立て直しをしてくれています。「ペアの先生にもう一度保育の自信を取り戻してもらおう作戦」らしいです。上手くいかなかったら、力を合わせて他のやり方を考える!。そんな先生たちの知恵や人間性ってスゴイなあ…と感動してしまいました。

もっといい環境で、もっと大人も子供も楽しくやっていけたらいいのになあと心から思います。でも、何をしたら環境って変わるんだろう…」

-----コピー終わり-----

 

今、どこへ行ってもつくづく思う結論は、これだけです。「保育が十分にできるような環境じゃない」。それは、人数も時間も、です。特に、過去5年ぐらいの間に保育のお仕事を始めた皆さん、今の状況が異常なんです。保育者も大変、子どもも大変、それは、現場の人たちがどうこうしようとして変わるものじゃありません。「何をしたら環境って変わるんだろう」と書いてらっしゃいますが、政府、自治体、企業が「11時間も13時間も、毎日毎日、月曜から土曜まで、ゼロ歳児から預けて働かなきゃいけない社会って、ほんとにいいの?」と考え直さない限り、保育はまともにならない。そして、そのしわ寄せを食うのは、保育者であり、なにより子どもです。

 

保育現場に余裕がなさすぎる。そうするとコミュニケーションも悪くなる、連絡も悪くなって、保護者との関係も悪くなる。余裕がないこと自体は、保育現場でどうにもできないのに、なんとか小手先ででも解決していかないと、職員の人たちもどんどん疲弊していくばかり。根本の問題が解決しないなかで、小手先の解決策しかお伝えできない自分に腹が立つのも事実です。

 

3)体調報告:食物アレルギーは改善しましたが、15年以上ぶりに不安発作(いわゆるパニック発作)を起こしかける状態が続いております。慣れているので、本格的な発作にはなりませんが、「ほれ、ストレスたまってるんだからさあ」と我がからだは言っておりまする。

 

皆さん、なかなかとれないとはいえ、少しは夏休み、休んでくださいね!

 

かけふだいつみ

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM