プールに関する心配。ロッカーのハサミ

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 10:17

新年度、皆さん、お忙しくなさっていることでしょう。今日あたり、東京はかなり寒いのですけど、これが突然、暑くなり始め…るんじゃないかと心配しております。あ、うさぎNS先生、下のスレッドにお返事、書きました。

 

さて、2つ一緒に。

1)園のプールが心配な保護者の方から。いずれもありがちな条件ですが簡単にまとめると、「小学校低学年も使うプールなので、胸ぐらいまで水位がある子もいる」「2クラス50人近くが、自由に遊んでいる写真を見た(年中と年長が合同)。先生は2人写っていた」。年末の園のアンケートにこうした内容を書いたところ、「気をつける」という回答だった。具体的な対応を聞こうと思うのだが…ということでした。

 

2)ゆー先生から。自分のロッカーに置いてあるハサミで、ロッカーにあった友達の服を切った子がいる。切られた子どもの保護者に弁償をするべきか。

 

1)まず、プールについて心配なさっている「保護者」さんへ。

 監視は「指導とは別に置き、監視にのみ専念する」と決められているだけで、人数までは決まっていません(内閣府のガイドラインも、その後の通達も)。水位は深ければリスクは上がるでしょうけれど、鼻と口を覆える深さなら、水深数センチでも息はできなくなりますので、「浅くしたから安心してください」と言われても、安心はなさらないほうがいいと思います。

 問題は、とにかく人数です。低学年が使うサイズのプールを想像して、そこに45人が一緒に入っていると考えたら、おとなが何人かかって外で監視に専念していても、みつからない時はみつからないでしょう。それは、こちらの「ライフガードの実験」に書いてある通りです。また、こちらのページの最後にある「うわの空になる自分を体験するゲーム」を見ていただければ、45人なんていうのはとんでもないということがおわかりいただけると思います。これまで、お子さんが亡くなったり、亡くならないまでも溺れたりした事例は、ほぼどれも30人前後を入れています。20人でも、監視1人、指導1人では足りないでしょう。それに、そもそも2人では足りないのです。「トイレに行きたい」と言い出す子もいますし、プールの外で遊び出す子どももいるでしょうから。

 「じゃあ、何人なら安全?」「何センチなら安全?」としょっちゅう聞かれますが、私はいまや「プールは、園長、理事長、監視者が責任をとりきれないと思うなら、やめていいです」と申し上げていますので、「何人なら」「何センチなら」は言いません(それで亡くなったら私の責任も問われかねないからです)。まして、去年のように暑かったら…。

 もしも私が同じ立場にある保護者だったら、「人数を〇〇人に減らす。指導は〇人、監視は〇人。監視は内閣府のガイドライン通り、監視に専念する」という具体的な説明がない限り、「うちの子はプールに入れないでください」と言うでしょうね…。そして、その説明は、万が一の時のために紙に書いて「これでいいですね」と園に見せるか、「録音させてください」と言って録音するか、どちらかをすると思います。

 

 水位が高くても、50人で入っていても、監視ナシでも、たいてい深刻事故は起きません(だから、その園も「大丈夫」と思ってきたのです)。でも、水位が低くても、30人でも、監視がいても深刻事故は起こり得ます。そして、プール事故の場合の生死は、「早くみつけるかどうか」だけにほぼかかっています。私は、「保護者」さんがおっしゃっている心配は杞憂でもなく、過剰反応でもないと思います。2年に1度は、園のプールで死亡事故が起きているのですから。

 

 あ、そうか。この例を出しましょう。子どもと一緒に外出する時、子どもにリード(綱)をつける親御さんがいます。それを見て、通りがかりの赤の他人が「犬みたいに子どもを扱って。ひどい親!」と言うことがあります。そう言われるのが心配でリードを使いたいけど使えないという保護者の方には、「私の子どもの命を守るのは私です。あなたにとやかく言われる筋合いはありません」と言って、とお伝えします。こちらの5−4の第4回。

 お子さんを園のプールに入れなければ、お子さんが園で死亡事故に遭うこともないので、「私が考え過ぎだったのかな」と卒園の時には思うでしょう。でも、入れていたら、どうなっていたかわからない(たいていは大丈夫ですが、運を天に任すかどうかは、保護者次第。まして、園が運を天に任せてはいけない)。これが、不慮の事故の怖いところです。

 

2)はい、ゆー先生がおっしゃる通り、まだ年長さんではないから、ハサミは集めて先生が管理しておいたほうがよかったのかもしれません。でも、「弁償をします」とこちらから言うべきではありません。子どもにとっては、ハサミというのはおもしろいものですし、きっとクラスで「切る」をしていた後だったのでしょう。子どもの活動を説明して、「ハサミは担任が管理します」と言うだけにとどめるべきです。

 なぜか。こちらのB-1の「感染症時期の衣服に関するお願い(2017年12月21日)」にも書いた通り、園では泥遊びも色水遊びもし、嘔吐でもなんでも起きます。それはどこの子も、です。だから、汚れても切れても、最後は捨ててもいい服で保育時間を過ごせるようにすることが大事なのです。「帰り道に出かけるから、帰りにはこの服を着せたい」というのであれば、袋か何かにしっかり入れてロッカーにしまうか、保護者が持ち歩くかすればよいことです(この事例について説明する掲示を作り、そのように保護者全員にお伝えすることをお勧めします)。

 もうひとつ。弁償は前例になります。「うちの子の靴がなくなった」「タオルがなくなった」…。前例は次の事例を生みます。

プール活動中に地震が起きたら…

  • 2018.09.02 Sunday
  • 10:08

緑先生からのお尋ねです。

 

以前、掛札先生の研修を受けさせて頂き、初めてコメント致します。プール活動中の地震についての質問です。

 

ニュースで、地震でプールが津波のように大きな波がたって危険だということを見て知り、プール活動中の地震を想定した訓練が必要だと感じております。今年度はもうすぐプール活動も終わってしまう為、危険があることを想定するのが遅かったと職員間でも反省しておりますが、来年度に向けて今のうちに考えておきたいと思っております。(先生からプールの危険性についてお聞きしたので来年以降のプール活動についてはこれから相談し、中止する可能性もあるとは思いますが。)

現時点では幼児プールは水位がある為、波立つ危険が高く、いち早く子どもをプールの外に出すことが必要だということになりましたが、プールの外に出してもらう間にできることがあるのか(ある園では縁につかまるということにしていると聞きました)。プールの外に出ても、プールの水をかぶる可能性がある等様々なことが想定され、プール活動の難しさを改めて感じたところではありますが、プール中に地震が起きた際に行うべき対応があれば教えて頂きたいです。

宜しくお願い致します。

 

------ 

緑先生、ありがとうございます。

この話でしょうか(ネパール地震

あるいは、こういう話も(鳥取西部地震)。 

 

保育園にあるようなプールでも、共振すれば同じようなことになるのかもしれません。とはいえ、地震の揺れは5分も10分も続きません(もちろん、次の地震はすぐに来るかもしれませんが)。1)先生たちが「落ち着いて!」と自分たちに言う、2)子どもたちに「じっとして!」と言う。子どもたちは状況がわからないでしょうから、「縁につかまっていて!」でもよいかと。3)揺れがおさまったらすぐに、全員を出す、それしかないと思いますが…。とにかく、一番こわいのは、先生たちがパニックにおちいることです。

 

いかがでしょうか。まあ、幼児プールの「水位がある」がどれくらいなのか、別の意味で心配だったりもしますが… (^^;;;

 

かけふだ

「丸のミニトマト」と「プールに水を残しておくこと」

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 22:23

下の何某先生からの事例共有にも、ぜひ皆さん、書き込んでくださいませ!

 

こちらはご質問が2つ。

 

まずは、蘭子先生からのお尋ねです。

「先日、先生の研修を受講させて頂きました。その中で、保育園でミニトマトを丸ごと出す事は、いけない。と言う事で、園に帰り栄養士と話す中 決められたものがあるのか?と、討論し続けています。周りの園も、出している。栄養士は、知ら無い、聞いた事無いと言われました。定められているものがあれば、教えて下さい。」

 

(お答え)

サイトのこちらのページになります。2016年の内閣府のガイドラインに、「過去に、誤嚥、窒息などの事故が起きた食材(例:白玉風のだんご、 丸のままのミニトマト等)は、誤嚥を引き起こす可能性について保護者に説明し、使用しないことが望ましい。」とあり、それに対し私は、「ガイドラインに掲載された以上、丸のままのミニトマトや白玉(風の団子)で誤嚥窒息し、死亡や後遺障害が起これば、社会的責任を強く問われかねません。ですから、食事のミニトマトは半分に切る(面倒なら大きいトマトを角切りなどにする)、白玉(風の団子)は避ける、です。」とそのページに書きました。

 

「ガイドラインは法律ではない」と言われれば、それまでです。けれども、ガイドラインに書かれているということは、「国としてはリスクを認識して園に伝えた」ということになります。よって、万が一、誤嚥窒息死亡が起きたら、「国がすでに伝えたのに、なぜ園は出していたのか」という話(園の社会的責任)になるわけです。この点において、白玉と丸のままのミニトマトは、他の食物とは違ってしまっているということなのですが…。いかがでしょうか。言ってみて伝わらないようでしたら、またおっしゃってください。

 けっこう、丸のままのミニトマトは大変なのです。一度はやめても自治体の管理栄養士さんが替わると復活したり、「かわいいから」と出すようになってみたり…。形状的には超危険なスーパーボールと同じで、最高に詰まりやすいものなのですが。あ、スーパーボールの誤嚥窒息はこちらのページの「玩具等による窒息事例」項の後半に事例が載っています。

 

----

もうひとつ、あいす先生からのお尋ねです。

 

「保育園で日中使用したプールの水が、夕方まで残っていることについてです。
 現在、保育園に子供(3歳)を通わせております。その園の一角に、コンクリートでできた、タイル張りのプールがあり、園児は毎日水遊びをしています。このプールには、柵や塀などは一切無く、物理的には、よちよち歩きの子でもプール際まで歩いていくことができます(実際は、0〜1歳児クラスは園庭内の頑丈な柵の中で、遊んでいます。しかし3歳児以上クラスが園庭で遊んでいる場所とプールを隔てるものは何もありません。3歳児以上クラスが園庭で遊んでいる場所の隅っこにプールがある状況です)。また、プールから3〜4メートル離れた場所に門があり、門付近では当然、大人・子供が行き来します。
 このプールには16:00頃まで水が張られており、16:30頃には空になっています。排水に難があるわけではなく、夕方、プランターに水やりする目的で、わざとプールに水を入れたままなのだそうです。
 親として、この状況に不安を感じています。担任の先生には、「プールに水を残しているのが心配」と率直に、明るくさらりと伝えましたが、「猛暑のため、園庭で遊ばせていないので、大丈夫ですよ〜」とのことで、話は終わってしまいました。しかし、猛暑日で無くなったら、プールの水を抜くのかどうかは、わかりません。それに不測の事態が起こるのが、事故ではないかとも思います。そう思う一方で、他の保護者に話してみると、気にしていない人が多く、私が神経質なのかな?とも思いました。
 掛札先生は、上記のような状況は、危険だと思いますか?すぐにでもやめていただくべき状況でしょうか?

 

(お答え)

 2012年8月23日、茨城県五霞町で水を張ったまま放置されていたビニールプールで3歳のお子さんが亡くなりました(こちらで 五霞町 で検索してください。その後、2014年と2015年のニュースにも訴訟等の話が載っています)。2013年10月16日、静岡県富士宮市で水が張られた状態のプールで1歳4か月のお子さんが亡くなっています(こちらで 富士宮 で検索してください)。

 ですから、私はあいす先生の懸念が「神経質」だとは思いません。園庭で遊ばせていなくても、なにかの拍子に園庭に出てしまう子どもはいますから(2016年11月、福岡市で起きた雨水ますの溺水事故も)。まずは、「こうした事故も起きていますけど、園庭で遊ばせるようになったら、水をもっと早く抜きますか?」と、先生がおっしゃる通り明るくさらりと(←大事です!)聞いてみてはいかがでしょうか? その後の話もお教えください!

 

アタマジラミとプールの帽子

  • 2017.06.15 Thursday
  • 12:12

下のスレッド、「3歳児ママ」さんからもコメントをいただきましたので、ご覧ください。

 

そして、サボコ先生から質問をいただきました。

----

さて、先日の研修で教えて頂いた、プール活動の際の配慮について、質問があります。確認の為に番号を付けた帽子を子どもに被らせる、というのがありましたが、、とても良いアイデアだと思ったのですが、帽子の共用はアタマジラミの感染のリスクがあるのでは、と。これはどうすれば良いかな、と一緒に聞いていた後輩と話しておりました。アドバイス、よろしくお願い致します。

----

 

(「番号をつけた帽子」の話は、「安全に関するトピックス」の4−1に写真入りで載っています。)

アタマジラミですが、はい、「アタマジラミがいたら、その子はプールに入らない」が原則ですよね。よって、サボコ先生のご質問は杞憂です。それでも、アタマジラミがいるかもしれない? それはみつからなかっただけのことで、じゃあ、誰がもとのアタマジラミかはわかりません。よって、これまた杞憂です。もちろん、使い終わった共用帽子はしっかり洗って、干しましょう! いかがでしょ? サボコ先生。

 

私もネットで調べました。アタマジラミが水の中をぷかぷかしてうつるようなことはないそうですが、やはりタオルや帽子の共用ではうつるようです。

 

掛札

プールの排水システムの件

  • 2016.04.20 Wednesday
  • 09:22
ひろりん先生から、「プールの排水システムの件はどうなったの?」とお問い合わせをいただきました。

はい! 製品化はしていませんが、方法をお伝えします! どこででもできる方法ですから(製品化するほどのことではないことが判明…)。少々お待ちを…。

掛札

「初めてみていかがですか」のコメントにお返事

  • 2015.08.08 Saturday
  • 12:47
てふ先生、ありがとうございます。大事なコメントなので、こちらにお返事をかかせていただきます。

はい、「監視役をおいて正解だったということがまだない」というのは、当然です。水死のような深刻事故の場合、「監視役をおいといてよかった=意識を失っているのに気づき、心肺蘇生をして成功する」か、「監視役をおいておけばよかった=間に合わなくて亡くなる」の2つしか、「効果」を心から感じることはありませんし、どちらもめったに起きないからです。監視役を置くのは、「監視役をおいておけばよかった」と後で後悔しないため、だと思ってくださって間違いはありません。

水死は、どこの園でも、どのお子さんにでも起こりうるからです。

排水システム、使ってみたいかも、という方…

  • 2015.08.07 Friday
  • 23:34
〔ひと言!〕 こういうことというのは、「数」が必要です。「投票」です。「あ、私も同じ気持ちだから、言わなくていいや」じゃないんです。数が多くなければ、企業も誰も動きません。だから、「ほしいかも」「使いたいかも」「うちは要らない(理由:なぜならば…)」という投票をしていってください! よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーー

コメントに、「使ってみたいかも」と書いてくださいませ(今働いている園は大丈夫だけど、以前、働いた園だったらほしいかも、というケースもOKです)。その他、プールの片づけに関連して悩んでいることがあったら、お書きください。園名も、ご自身の名前も要りません。

「使ってみたいかも」という声がたくさんあった場合、今、進んでいるプロジェクトを進めます。声がない場合は、プロジェクトはストップします。要するにこれは、動力も電気も要らなくて、安くて、誰にでもできる、簡単な急速排水システムに関するニーズ調査です。

かけふだいつみ

感想、お待ちしてます!

  • 2015.06.29 Monday
  • 11:31
「見守れないゲーム」をご体験くださった方、ぜひ、感想をコメントでお寄せくださいませ!

よろしくお願いいたします。

コメント投稿は、名前だけで大丈夫のようですから、ニックネームでもかまいません、お気軽に。
 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM