「安全に関する温度差」について、お答え

  • 2019.03.18 Monday
  • 13:51

 まず、くXXX先生(伏字にしました)、メッセージをありがとうございます。私たちがお伝えしたい内容は、ほぼすべてサイトに書いてありますし、こちらで質問もしていただけます。どうぞ、異動になって研修会には来られなくなっても、こちらでおつきあいくださいませ。

 

 さて、遅くなってしまってごめんなさい。はなまる先生、うさぎNS先生、はるみ先生からいただいた質問について、並木先生からお答えをいただきました(私がここに載せるのが遅くなったのです、並木先生にもごめんなさい)。長年、保育園看護師として働いていらした並木先生が一番わかっていらっしゃるのではないかと思ってお尋ねした次第です。あ、並木先生と作らせていただいた、救急の訓練用ビデオ(安全のゼロ番)、「保育の安全シート」の「睡眠」、4月に向けて、ぜひご活用ください。ぜひぜひ今のうちに救急救命の訓練を。

 

 さて、並木先生からいただいた回答です。

 

1. ウオーターサーバーでの調乳について

 すぐお湯と冷水が出て便利ではあります。ただ、水自体の消毒が塩素でされていないことが気になります。これについては感染症研究所の医師に聞いてみます。

 使用する水の種類によって、自然のものと、ミネラルを除去したタイプのものがあり、調乳に適したものを選ぶことや、熱いお湯でミルクを溶かしたあとすぐに水を足して冷ましてしまうといったまちがった調乳をしないことなど…。熱湯での火傷もありますよね。「便利」は「危険」でもあります。

 

2. すいとんがグミのように硬かった。おやつなので、子どもたちは笑いながら食べてもいた

 すいとんは、小麦粉を使った団子状態の食べ物ですよね。硬さはその園によっていろいろあるでしょうが、市販のものはグミレベルかも…。しかし、保育園で作るときや我が家で作るときは、ホットケーキの生地より固め程度で、小さなスプーンですくって汁に落とし、散らばらない程度の柔らかさにしています。グミくらい硬めのすいとんが提供されていたんですね。検食の感想に「硬いよ! 危険!」と伝えてください。

(掛札の補足:「硬いのでは?」と伝えたことに対し、「必要に応じて切っている」といった答えが戻ってきたとのことでした。調理師さんたちの作りやすさも考えると、ある程度かたいほうがいいというのも理解できるのですが…。先生、この並木先生の感想を園で共有してみてください。)

 

3. 看護師と保育士の健康・安全に対する認識のずれ

 このズレは想定内だということを、まずは看護師の側も保育士の側も知っておくことが、保育業界では大事です。看護職員は私も含めてほぼ全員、そのことで悩んでいます。

 子育て同様にどこまで待てるか。あせらないで、正しいからと押し付けにならないで、気づいてもらえるために、根気よくコツコツです、でした、私の場合。

(掛札の補足:看護師という、立場、見方の違う人がいることの価値と難しさについては、『子どもの命の守り方』に書きました。保育者は「どんどんやらせよう!」とプロ、看護師は「ここは危ないかも」と考えるプロ。違って当たり前ですが、双方がお互いに耳を傾けて初めて、意味があります。「看護師に保育のことなんかわからない」と断言する保育者、園長、リーダー層がいる園では、そもそも看護師を置くべきではありません。一人職場の看護師がつらい思いをするだけですから。一方、医療の現場から来たばかりの看護師の中には、医療的な「白、黒、はっきりさせる!」を保育者におしつける人もいないわけではありません。医療は、終末期医療やリハビリ以外は、白黒の世界。保育は白黒がない世界。それを、両方が理解してつきあっていくことが重要だと思います。)

 

4. 非正規の職員はヒヤリハットや事故報告を書かなくていい?

 ヒヤリハット、事故記録は当事者が書くものです。正規職員とかパートとかで分けたり、時間がないと逃れるのは違うと思います。その場にいたあなたが見、気づいたことを記録するから活かされるのです。2〜3分で書ける付箋やチェックで済む記録用紙を工夫すれば、報告もスムーズ、集計するのも簡単だと思います。

(掛札の補足:事故やヒヤリハットの報告は、長々と書かなければならない書式になっていたりして、正規職員でもいやになってしまうことがあります。ですから、まずは、「反省も何も書かなくていいから、事実だけを書いて」ということにするべきです(NPOサイトの「安全」の1−1)。並木先生が書いている通り、他人が書いたら伝聞になり、事実とは異なってしまう可能性があります。事実とはずれた報告をされて困るのは、非正規の先生。だから、簡単な事実を付箋に書くだけでかまわないから書いて、とおっしゃってみてはいかがでしょうか。)

「職員間の温度差」について

  • 2019.03.06 Wednesday
  • 11:28

はなまる先生、うさぎNS先生、はるみ先生から、園内で安全について伝える、集める、共有する難しさについて、それぞれお尋ねをいただきました。テーマ自体が容易ではないのと、先生方からいただいた文章をどこまでそのまま載せていいのかを悩んでおります。2月末からものすごくたてこんでいて…。お返事、少々お待ちください。

 

まずひとつだけ言えることは、「子どもの命を守る」というのは、なにより「職員の心を仕事を守る」だということです。「睡眠の安全2019」や「息ができないできごと、プール、睡眠中の異常」(1−7)を、「読んでみて」と貼りだして、「今の時代、こういう考え方をしなかったら、深刻な事故が起きた時に、職員も園も責任を問われるんだから」という理解を広げることです。もちろん「読む時間がない」「そんなこと、現場じゃ無理」と言う人はいます。でも、日本じゅうたくさんの園(公立、社福、企業、なんでも)が、実際、こういったことに取り組めているのです…。私が勝手に叫んでいることじゃありません。

 

以前は誰も何も言わなかったこと、ニュースにならなかったことが、今はニュースになり、検証委員会の検証にのり、先生たちの心に傷を残しかねない、そこをわかってくださいと、「時間がない」「現場じゃ無理」とおっしゃる先生方にお伝えしたいのです…。

 

救命救急の動画

  • 2019.02.25 Monday
  • 16:17

保育士MAさんからお尋ね。救命救急の動画はどこですか?ということでしたので、こちら(MA先生、ごめんなさい、誤嚥の動画ではなくて、どんな時でも基本となる救命救急の動画です)。

 

こちらのページにある「0.緊急事態時の訓練用動画と解説」が動画。その上の「保育の安全シート」にはイラストの解説があります。この2つの内容を作ってくださっている並木由美江先生の救命救急講習、衛生の研修会はとっても勉強になります!(そして、楽しい!) 

 

3題:同僚コミュニケーション、危機感の温度差、歯磨き

  • 2019.02.22 Friday
  • 22:45

3つほど、質問をいただきました。

 

1)まずはエミ先生から、「支援が必要な子どもがあまりに多く、歯ブラシを使うのは危険と考え、今年は導入していない。歯磨きは必要か(3歳児)」というご質問をいただきました。
 歯磨きの必要性、これはけっこういただく質問です。私は歯科はわからないのですが、歯磨きの必要回数についてあちこち調べると、歯科に関係しているサイトであっても、言うことがバラバラです。「毎食後」「朝食後と就寝前」「1日1回」…いろいろ。

 日本歯科学会は、「少なくとも寝る前は必ず仕上げみがきは行ってください」と書いています。この答えをそのまま解釈すると、「寝る前に仕上げ磨きをすればいい」ということになります。同じ項に、まず「子どもの機嫌のよい時間帯や保護者の余裕のあるときに行い」と書いてありますから、保育園ではそもそも容易ではないことがうかがえます。

 保護者の質問でも、こういう回答がありますね(ちえぶくろサイト。下のほうの回答も読んでいってください)。

 つまり、保育園でしているのは「歯磨きの習慣づけ」であって、歯そのものをきれいにする(=仕上げ磨きの役割)ではないというところ。これは保護者もわかっている(わかっておくべき=入園の時点から伝えておくべき)点ではないかと思います。

 そう考えたうえで、子どもが立ち歩くなかで安全を確保できないと保育士さんが思うのであれば、「静かに歯磨きをするという習慣づけの価値」「喉つき事故のリスク」を天秤にかけて、「今年はしません」または「私たちの園では歯磨きをしません(うがいだけです)」と保護者に伝えるのは理にかなったことだと思いますが…。皆さん、いかがですか? ご意見をお聞かせください。私もちょっと聞いてみます。

 あ、喉つき事故については、こちらに東京都消防庁の記事があります。
 つまり、保育園では、このページにある「事故防止ポイント」の3が徹底できないから歯磨きを(今年は)しない、という説明になると思います。

 

2)次は、あい先生へ
 内容は非公開ということで、回答だけ。心配しないでください。同じような内容で悩み苦しんでいる保育士さんはたくさんいますから、この文章だけで先生が特定されることは絶対にありません。
 どうしても話が通じない同僚。相手の年齢または相手の立場が上で(言いづらく、それでも)こちらがまじめに仕事をしようとしても高圧的に返してくる同僚。そのくせ、園長受けはいい同僚。保育の質も明らかに低い同僚。それを伝えても何も対応しない園長やリーダー層。はい、こんな話は過去10年間、無数に聞きました。今もこれを読みながら、「あ、うちのクラスにもいる!」「私もつらい」と思った先生が何人もいるはずです。
 上の文章を読んで「私もつらい」と思った先生、退職・転職していいですよ。というか、転職してください。先生の内容が正しいとするなら、先生がいる園は、そもそも子どもにとって良い園ではありません。「子どもと一緒に遊んでいればいい」は保育ではありませんから。
 今からでも4月からの仕事はあるはずです。都市部ではなく、転職できる園がないというなら、いまどき、都市部には数年間の期限つきとはいえ、住宅手当付きで雇用する園もあります。先生自身の保育の質は私にはわかりませんが、先生が心をつぶすほどの我慢をあと数年、する必要はありません。転職してください。先生自身の保育の質を高めるほうに時間を使いましょう。
 もちろん、転職した先が先生に合うかどうかはわかりません。どんなに良い園でも、どんなに良い保育士さんでも、やっぱりお互いの「相性」はありますから。だから、保育士というのは「手に職」なのです。先生がしている保育の質が高ければ、あるいはまだ足りなくてこれから伸びるのだとしても、先生に伸びる気持ちと努力があれば、必ず「自分に合った園」に出会います。特に今は、まだまだ保育士不足なので、職はいくらでもあります。10年後にはもう仕事はなくなるかもしれません。だから、今のうちに「自分に合う園」をみつけて、しっかり育ってください。
 絶対に無理をしないでくださいね。「保育という仕事が好き」という気持ちが、たったその数人の人たちのせいでつぶれないように…。

 

3)最後は、シモママ先生、この事例も詳細は公開できませんが、要するに「けっこう重大なヒヤリハット/事故が起きているのに、その後も慌てない他の保育士に「温度差」を感じるという内容です。

 危険に対する「温度差」(感情や認知の差)は個人の間で大きいものです。たとえば「心配性の人」と「心配性じゃない人」、これはまず生まれつきの性格の差でもあります。でも、保育士である以上、「これはちょっとおかしい」「これは危ない」という感覚を後付けで身につけてほしいわけです。看護師の中にも心配性の人と心配性じゃない人がいますが、医療現場にいれば何が命にかかわるか、何をすべきかはわかっていく、そういう部分で「身につける」ことです。ただ、医療現場はそもそも命を助ける/守る場所なので、かなりマニュアル化できますが、保育現場はそうはいかない。「もっと、子どもたちにさせてあげよう」「これ以上は危ない」は、マニュアル化ができません。

 シモママ先生がおっしゃっている同僚の方は、もともと冷静で、心配性ではないのかもしれません。そのうえで、「ただわかっていない」のかもしれません。あるいは、「たいしたことじゃないから、どうでもいい」という考えかたの人かもしれません。いずれにしても、「これは保育として危ない」という感覚を身につけていってほしいと思っていらっしゃるのでしょう。でも、その先生だけを対象にしても無理です。「例」がなければ、「ああ、こういうことは危ないんだ」「これは心配しなきゃいけないんだ」ということは学べないからです。

 なので、ぜひ、「安全のトピックス」の1−1にある「気づき」を園全体でしてみてください。最初は、気づく人だけしか気づきませんし、報告もしません。それが当然です。でも、そこで園長や主任の先生が「気がついてくれてありがとう」「報告してくれてありがとう」を繰り返すことで、「気づくことはいいことなんだ」「報告するのはいいことなんだ」という空気が生まれていきます(1−1に書いてある通り、報告に「反省」や「対応策」を書かせるとこの空気は生まれないどころか、報告しない空気が強くなります)。

 健康や安全の感覚に関して、すべての人を一気に同じレベルにすることは絶対にできません。これは健康心理学の鉄則のひとつですらあります。まずは1−1とそこに置いてあるリンク、PDFをお読みになってください。

質問の投稿は…

  • 2019.01.30 Wednesday
  • 21:38

どこの「コメント」欄に書いていただいてもかまいません。

名前はニックネームで。

「コメント送信」を押しても表示はされません。裏で掛札が読むだけです。あとは、ご覧のように質問が掲載され、回答が掲載されます。

 

誤嚥に関する質問に対するお答え

  • 2019.01.26 Saturday
  • 12:17

先日の研修会で、「乾いた海苔」「一辺が1センチの三角形のこんにゃく」「1×1×3センチぐらいの高野豆腐」は安全かというお尋ねをいただきました。私にはお答えしかねるので、「保育の安全シート」「救急動画」の並木先生にお聞きしました。

 

1−7にも「これなら安全、詰まらない、はない」と書きましたが、並木先生もやはり…

「完全に安全な形態は示せませんが、食品を提供する専門家の栄養士・調理員が安全に最も近い値を示して作り、食品を食べさせる専門家の保育者が適切な介助見守りをすることが、できる最善のことでしよう。それでも発生する事故のために救命手当」というお返事でした。並木先生自身の経験でも、いつも食べているパンを詰まらせたケース、いつも食べているこんにゃくを詰まらせたケースなどが実際にあるそうです。大きさや形に関しては「特に危ない」があるにしても、「これなら安全」はなく、「食べさせ方、食べ方、体調がからみあった場面で事故は発生するものかと思います」(並木先生)でしょう。

 

「1センチというのは咀嚼できるサイズでは?」と並木先生はおっしゃっていますが、何度でもくれぐれも言います、「1センチなら、なんでも詰まらないから大丈夫」ではありません。1−7に書いた通り、食道に行かず気管に入ってしまうような食べ(させ)方をしていたら、小さくても(気管に)詰まります。噛まずにどんどん飲み込めば、小さいものでも喉に詰まります。

 

海苔は並木先生が働いていた所では出していなかったようで、「子どもは海苔が好きなので、家庭では口を湿らせながら食べさせるようにしている」とのことです。

製品の危険をみつけたら報告を!(マグフォーマーを例に)

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 17:19

NPO理事の所真里子さんから、下のマグフォーマーの磁石に関して重要なコメントをいただきました。他園の先生方も「これは言わなくちゃ」「うちは大丈夫だったけど、ひどいことになったら大変だから」という製品があったら、どんどん報告してください。報告すればするほど、国民生活センターは動きます。私たちが黙っていたら、何もしません。国民生活センターもメーカーも輸入業者も。

 

-------

 

青エプロン先生、貴重な情報をありがとうございます。

プラスチックは劣化しますが、直射日光に常にさらされたり、強い力が日々かかったりしない限り、数年で劣化することは考えにくいです。

磁石がなぜ抜けてしまったのか? 原因がわからないと不安ですから、ぜひ国民生活センターに商品テストの依頼をしてほしいです。

国民生活センターには、消費者から「これは危ないと思うから、原因を調べてほしい」という申し出を受ける窓口があります。
たとえば、このページの右側

方法は2つあります。
「188」(局番不要)にかけると、最寄の消費生活センターに電話がつながります。もう一つは国民生活センターの窓口(03-3446-1623/10時〜12時、13時〜16時・土日祝日を除く)にかける方法。個人的には、国民生活センターの窓口をお勧めします。

電話をかけると、氏名、住所、電話番号、性別、年齢、職業 が聞かれます。これはいたずらではないことを確認するためと、商品テストをすることになったときにテストするモノを受け取るために必要な情報です。「保育士」と答えたとしても、どこの園かを
答える必要はありません。

伝える内容は次のとおりです。
・具体的な商品名を伝えます。
・いつ頃に購入したか、わかる範囲で。保育園で使っていることも伝えてください。
・商品がどのような状態だったかを説明してください(ブロクに投稿した内容と同じで大丈夫です)
・子ども用に安全対策がなされている玩具なのに磁石がとれた。とても磁力の強い磁石であること。他でも頻発しているとしたら非常に危ないので原因を国民生活センターで調べてほしい。

子どもの磁石の誤飲は、国民生活センターが2018年度の10大消費者ニュースの一つにあげられているので、無視はできないと思います。磁石がとれた玩具を発見した方には、一人の消費者として「これは商品として危ないからテストしてほしい」とぜひ国民生活
センターに連絡をしてください。

なお、この申し出ですが、園で事故等があると地方自治体を通して消費者庁に届け出をする制度がありますが、これとは全く違うものです。園を運営する区や会社等の許可を得る必要はありませんし、国民生活センターがテストをすることになったとしてもどこ
からの申し出かが公表されることはありません。

マグフォーマーの磁石について(事例)

  • 2019.01.12 Saturday
  • 22:09

 hiyoko先生、いつもコメントをありがとうございます(下の記事)。

 「餅つきは良いすが、餅食べるの慎重派」先生、餅つきの項にコメント、ありがとうございます。なぜかコメントを「公開」にできないので、コピペして公開しました。…そうですね…。いまどき、「文化の継承」では、世の中、納得しないでしょう。

 

 では、皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

 

 さて、青エプロン先生から大事な事例報告をいただきました。製品安全担当の所さんにも共有しますね! ありがとうございます。

ーーーー

 

 いつも参考にさせていただいています。“保育の安全”にマグフォーマの記事が出ていたので事例として報告したいと思います。

 私の勤める保育園でもマグフォーマはどのクラスにも大人気の玩具です。製品の対象年齢は3歳頃〜とのことですが、0歳クラスから黒板にパタパタくっつけたり繋げて電車に見立てたりして楽しんでいます。
 しかし、あるときひとつのマグフォーマの磁石が抜けていることに気がつきました。なんと、磁石部分にヒビが入って中の磁石が抜けてしまっていたのです。大慌てで職員と全てのマグフォーマを回収し確認しました。幸い抜けた磁石は箱の中に見つかったのですが、他にも磁石部分にヒビが入っているもの、入りそうなものがたくさん見つかりました(特に六角形のものに多くありました)。

 マグネット自体が強力なため、プラスチック部分にも負荷がかかっているのでしょうか。原因の特定まではできませんが、マグフォーマは高価なため、なかなか買い換えることもできず購入してから7年ほど経っていたようです。毎日のように遊んでいるので、プラスチックの劣化は相当あるものと思います。これを受けて、劣化している玩具は処分しようという動きになりました。
 玩具の定期点検がとても重要だと感じる出来事でした。
 なにかの参考になれば幸いです。

保育をしない、話もできない同僚

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 22:40

あい先生からお尋ねです。内容は非公開ということですが、とにかく同じようなお尋ねはいつもいつもいつも(!!!!)いただきます。要するに、「保育をしない」「保育をできない」、コミュニケーションもしない(できない)、こちらがなにかを指摘すると「そんなつもりはない」「なぜ、私/僕がそんなことを言われなきゃいけないのか」という同僚をどうしたらいいか、という話です。後輩だと泣かれてしまったり、先輩だと「若いくせに」と言われたり…。

 

私が今、唯一できる答えは、「私/僕はこういう保育士にならないようにしよう」(反面教師にする)と思って、あと数年間、耐えてください、ということだけです。施設長が問題を理解していても、「今は保育士の数が足りないから、とにかく辞められては困る」と言うことがあります(実は、そういう保育者を野放しにすることで、他の「できる」「育つはずの」保育者が辞めてしまうという実害が発生するのですが)。今、日本の保育界はどん底です。国も保護者も「質」なんて考えていない。でも、これではダメだという日が数年のうちに必ずきます(そもそも子どもは減っているのですから、数年後に保育園も保育士も淘汰の時代に入ります)。その時のための訓練だと思って、「こういう人にはなるまい」「こういう人がいても、少しでもいい保育ができるように努力できる人間になろう」と思ってください。その時、そういう保育士は辞めざるをえなくなります。

 

自分の行動や言動を意識して反芻して、必要なら変える。これができない人は、保育でなくとも「プロ」にはなれません。ましてや、保育は子どもという一番、繊細で大事な存在と関わる仕事なのですから、自分の行動や言動を意識できない人、他人に指摘やアドバイスをされて「ありがとう。そうしてみるね」と言えない人は就いてはいけないのです。保育は、社会の未来をつくる仕事なのですから、本来、人間としても知識・技術・スキルの面でもきわめて高いレベルの人が就くべき仕事です(特に、日本のように保護者が子育てを担えなく/担わなくなっている社会では)。

 

あい先生、どうぞ、その先生のようにはならないでください。愚痴をこぼす友達、同僚をみつけて、そこでストレスに対処しながら、ご自身の保育を育てていってください。お願いします。愚痴はいつでも書いてください。先生の文章はとてもしっかりしているし、わかりやすいし、論理だっています。どうぞ、先生がつぶれないように、あい先生自身の支援を身のまわりにしっかり作って、サポートし合って、よい保育をできるように育っていってください。

餅つき(再掲)

  • 2018.12.09 Sunday
  • 23:55

hiyoko先生、「トイレットペーパーの筒に入るおもちゃ」にコメントいただき、ありがとうございます!

 

季節がら、餅つきの件を再掲しておきます。餅つきは、とにかくノロウイルスの集団感染の原因になります。子どもたちがついた(さわった)餅は食べない! 家に持ち帰ったりしない! 鏡餅にするだけ。園でお餅を食べるなら、そのぶんは機械でつくか、検便を受けた人だけがつくか、してください。

2015年11月9日の記事です。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM