「なぜ」と「どうすればいい」を伝えてください

  • 2017.06.19 Monday
  • 23:11

にじいろ先生からコメントをいただきました。今、あちこちでお話ししていることで、近いうちにNPOサイトの「コミュニケーションに関するトピックス」にも書きますが、まずは、コメントをいただいたので…。私のお答えは、いただいたコメントの下に書きます。

 

----にじいろ先生のコメント----

私は、まだ保育士になって三ヶ月しかたってないので、先生がお話しされた一年目とベテランの先生のお話を聞いた時に、とても心が楽になりました。いつも担任の先生やパートの先生に注意されても、「なぜ?」と思うことがたくさんあり、今一番のなやみでした。担任の先生やパートの先生にどうしてだめなのかを聞いても答えてくれない時が多いので、先生の本を参考にしたいとおもいます。そして自分が先輩になった時には、どうしてだめなのかを実践して伝えてあげたいと思います。また、機会があれば先生のお話、聞きたいと思います。

 

------

にじいろ先生、ありがとうございます。保育について「そうじゃないよ」と言われたら、「ごめんなさい、わからないので、どうすればいいのか教えてください」と明るく、やわらかく伝えてください。暗く、平坦な言い方ではなく、明るく、やわらかく。そして、「こうだよ」と教えてもらったら、あるいはやってみせてもらえたら、「ありがとうございます、やってみます!」です。一度でできなくて当たり前。「先生、試してみたんですけど、先生みたいにうまくいきません…」と尋ねてましょう。「お願いします」と「ありがとうございます」がしっかり言えていれば、人は教えてくれるものです。

 

さて。保育というのは、知識と技術も必要ですが、「からだでできるようになっていくこと」がずいぶんと多いので(それ自体が保育の楽しさ、すばらしさ、難しさだと思います)、他人の保育を見ていて「そうじゃないよ」と思っても、「なぜ」「どうすれば」が言えないことも多いのです。

 

でも、人間は「ダメ」「違うよ」「なんでできないの!」では、絶対に育ちません。特に今のような保育状況(子ども、保護者、保育士すべてが、たとえば10年前と比べても違います。30年前と比べたら大違い)では、以前のように学びに時間をかけていられません。ただでさえ、保育現場はあわただしくなっています。ですから、先輩の皆さん(先輩とは、「年齢がひとつ上」でも先輩です。この文化は年齢文化なので、正規・非正規よりも年齢のほうが勝ちがちです)、「ダメ」「違うよ」「なんでできないの!」だけではなく、「なぜ違うのか」「どうしてみたらいいのか」を伝えてください。

 

でも、ここでまた保育の楽しさ、すばらしさ、難しさが登場します。「できるけど、説明できない」という保育士さんもいるのです。でも! 保育には「やってみせる」という強みがあります。「ダメ」「違う」と言える以上、あなた(先輩)は「できるはず」、だから、「なぜ」「どうすれば」を口で言えなくても、「こうするんだよ、見ててね」「ほら、ここをこうしてごらん」と、行動で見せてください。それでいいのです。自分ではうまく抱っこできなかった赤ちゃんを、先輩がそっと抱っこするのを見たら、後輩は「すごいなあ」と思うでしょう。それが保育の引き出しの増やし方のひとつです。

 

ただしここでひとつ…。教えた側は、自分が言った通りに後輩ができていなくても、「なんで私が言ったみたいにできないの!」「どうして教えた通りにできないの!」は言ってはダメです。これは明後日出る新刊にも書きましたが、保育は「個人の性格の上に引き出しが増えていく、芸術的な職人芸」、つまり、あなたに合う引き出しが他の先生全員に合うわけではないのです。A先生の方法からこの部分、B先生の方法からこの部分…、自分に合った、自分の目の前の子どもに合った引き出しを増やしていくのが保育だと私は思います。

 

いかがでしょうか? この話題の周辺にあることは、明後日出る新刊をお読み(ご覧)くださいませ (^^)

 

かけふだ

アタマジラミとプールの帽子

  • 2017.06.15 Thursday
  • 12:12

下のスレッド、「3歳児ママ」さんからもコメントをいただきましたので、ご覧ください。

 

そして、サボコ先生から質問をいただきました。

----

さて、先日の研修で教えて頂いた、プール活動の際の配慮について、質問があります。確認の為に番号を付けた帽子を子どもに被らせる、というのがありましたが、、とても良いアイデアだと思ったのですが、帽子の共用はアタマジラミの感染のリスクがあるのでは、と。これはどうすれば良いかな、と一緒に聞いていた後輩と話しておりました。アドバイス、よろしくお願い致します。

----

 

(「番号をつけた帽子」の話は、「安全に関するトピックス」の4−1に写真入りで載っています。)

アタマジラミですが、はい、「アタマジラミがいたら、その子はプールに入らない」が原則ですよね。よって、サボコ先生のご質問は杞憂です。それでも、アタマジラミがいるかもしれない? それはみつからなかっただけのことで、じゃあ、誰がもとのアタマジラミかはわかりません。よって、これまた杞憂です。もちろん、使い終わった共用帽子はしっかり洗って、干しましょう! いかがでしょ? サボコ先生。

 

私もネットで調べました。アタマジラミが水の中をぷかぷかしてうつるようなことはないそうですが、やはりタオルや帽子の共用ではうつるようです。

 

掛札

あともう少し…

  • 2017.06.03 Saturday
  • 22:28

新刊、まだ、最終チェック中をしている段階です。出版予定日は決まっているので、とにかく頑張りまあす! 元・編集者としては、腕の見せ所…、目指せ! 誤字脱字ゼロ! でも、ちょっと疲れております。


かけふだ

保護者の方からいただいたコメントです

  • 2017.05.15 Monday
  • 08:43

新刊の作業が山場〜。頑張ります。

 

保護者の方(「3歳児ママさん」)からコメントをいただきました! 公開していいのかな?と思って確認させていただいたら、「公開してください」とのことでしたので、こちらに。私から3歳児ママさんにお送りした回答もありますが、まず数日はそれを載せずに、元のコメントだけ。皆さんのご意見をお待ちしています!

 

-----

 

 初めまして、3歳の幼稚園生の母です。ブログとHPを読ませて頂き、大変勉強になりました。

 

 我が子は2歳児クラスまで認可保育園に在園しておりましたが、親の希望と保育園への不信感から今年の春から幼稚園へ入園しました。

 在園していた保育園は、入園したと同時に出来た保育園でした。幼稚園に転園するまで、保育園の先生方はざっと考えただけで20人以上が辞められました。我が子の0歳児の時の担任、1歳児の時の担任も何度途中で1名ずつ辞められ、主任もすぐ辞めてしまい、現在までずっと不在の状態です。若い先生方が頑張っているのは分かるのですが、本当に手探りで保育をしている状態のように見え、保護者参加時の保育体験では、散歩の時に園児が車に轢かれそうになり、こんな状態で散歩に行っているのかと驚きました。

 また同じクラスのお母さんからの直接聞いた話で、散歩中その方のお子さんが散歩に行った先で置き去りになったそうです。警察沙汰になり、園から謝罪はあったそうですが、他の保護者に説明はありませんでした。そのクラスのお散歩が暫くされなかった為、話をお聞きしてようやく合点がいきました。その方は、子どもが人質に取られているから何も出来ないというような事をおっしゃっていました。確かに子どもの事を思い、園に強く言える方はそう多くないと思います。

 

 でもどうしてそんな事になってしまうのか、保育の質が認可でさえこのような状態でと思うと自分に何か出来ないか思い、まずは何が原因なのかを知りたかったので色々調べていて、掛札先生のブログに辿りつきました。他の保護者の方はそれほど何も感じていないようで、自分が心配性すぎるのかとずっとモヤモヤしておりました。先生のブログ、HPを読み、自分の考えは間違っていなかったと思えました。また、保育園の先生や幼稚園の先生の大変さもよく分かりました。

 

 一保護者として、先生方の手を煩わせないこと以外に保育の質の改善に出来ることがあれば教えて頂きたいです。
 長々と失礼致しました。

 

3歳児ママ

ごめんなさい! ぼんやりしていました!

  • 2017.05.11 Thursday
  • 09:41

はな先生、ごめんなさい!

はなまる先生、かな先生、ありがとうございます!&ごめんなさい! いただいたコメント、下のスレッドで「公開」させていただきました。

(別件コメントをくださったお2人の方、ご連絡します)

はなまる先生、はい、もちろんです。どこのスレッドのコメント欄でもかまいません、質問を書いてくださいませ。細かい情報は削って、新しいスレッドを立てますので。

 

ごめんなさい! 連休中、NPO以外のことですっかりぼんやりしてしまっていて…。6月に出る本の作業と、別の仕事と、4か月分の家(兼作業場)の大片づけとで連休が埋まり、こちらをすっかり忘れてしまいました。お許しください。

 

よかった、私も泡はダメだよなあと思っておりましたので。はな先生、『改訂版・保育所における感染症対策ガイドライン』をご覧ください(NPOサイトの「リンク」の「感染症」にも置いてあります。

 

では、6月に出る本の最終作業、頑張ります。数日中には目次入りチラシも掲載しますね、お楽しみに!

 

かけふだ

嘔吐処理について

  • 2017.04.30 Sunday
  • 18:51

 

はな先生からご質問をいただきました。私にはちょっとわからないので、看護師さ〜ん&保育士さ〜ん!! それと、チカコ先生、写真についてお返事ありがとうございます。そうですね、業者の人が勝手に園の中に入ったりしないようにする、というのは大事です!

 

ごめんなさい、中旬にとんでもなくひどくなった花粉症がようやくおさまった! 復活!と思ったら、今日午後、突然、また再発。ただいま5分ごとにくしゃみをしています…(号泣)。

--------

 

 はじめまして。以前先生の研修に参加させていただき、先生のこと・このブログのことを知りました。
 保育園の嘔吐や下痢の処理について疑問があります。異動先の保育園では、キッチン泡ハイターを嘔吐処理に使ってます。ですが、キッチン泡ハイターは噴射して使うので、嘔吐物が飛び散るのではという疑問とその周り直径2メートルくらいを拭かなくてはいけないのではないかという疑問があります。

 また、ピューラックスという消毒液も使用してるのですが、嘔吐した場合に迅速に対応したいのと、一人担任であるためできるだけ保育室から離れたくないので、ピューラックスを子どもの手の届かないとこに起きたいと話したら、危ないからダメと言われました。確かに玩具を投げつけたりして、とりつけた棚を壊したり、水道に登れば届いてしまいます。しかし、そこには現在キッチン泡ハイターがおいてあります

 更に、嘔吐や下痢をした子の汚れ物は洗わないで袋に入れて返却するのですが、その袋を保育園全園児一緒のバケツにいれてます。はたしてこれも良いのでしょうか?園長に言うと、バケツの置き場所が1つぶんしかないと言われてしまいました。

 この3点の疑問にお答え頂けると有り難いです。

-----

 

かけふだ

「誤食をなくす」は無理です

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 21:31

1)まず、kasu先生、コメントありがとうございました(「お迎え時間帯の安全について」2016年10月18日)。「コミュニケーションに関するトピックスのB-1に置いてある「送迎時に園庭で遊ばせない。安全は保護者の責任」をぜひラミネートして、玄関なり遊具なりに朝晩(特に夕方)、ぶらさげておいてください。それによって、薄暗闇の中、おとなが見ていない状態で遊ぶ子どもがいなくなるとは思えませんが、少なくとも言わないよりはよいですし、保護者の中にも「あんなに遊んでて、親も見てなくて危ないなあ」と思っている人は必ずいるはずですから。

 

2)アナフィラキシーを理由に東京都認証保育所が子どもの入園を土壇場になって断ったというニュースがありました。「安全に関するトピックス」の「7.食」に書こうと思ったのですが、今、体調絶不調で頭がまわらないので、まずはこちらに。

 

 アナフィラキシーを現時点で発症していなくても、ある日、発症することはあります。「アナフィラキシーを起こすから危険」というのは誤りです。すでにエピペンを処方されているなら、発症時にあわてず騒がずエピペンを打つだけですので、かえって安心と言えば安心です。逆に、「アナフィラキシーを起こしたことがないアレルギーもちのお子さん」がアナフィラキシーを起こしたら、あわてるでしょう。救急車を即刻呼ぶしかありません。

 

 食物アレルギーであれなんであれ、認可園は入園を断れない(都認証は事実上断れる)のでしょうけれども、「断れないから預かって大変!になっている」例は枚挙にいとまがありません。いつでもどこでも何度でも私は言いますが、「今の配置基準は、保育の質どころか、子どもの安全も確保できないレベルの低さ」です。調理師さんの配置も同じです。無理です。

 

 そもそも、アレルギー食材の誤食自体はそう簡単になくなりません。なぜか。

あ)「食べる」は、子どもが一日に何回もするものだから。

い)誤食はヒューマン・エラー(おとなのミス)だから(子どもが自分で手をのばしたり、他の子がくれたりする以外は)。

 

あ)は、つまり、努力をして発生確率(何回に一度起こるか)を下げることができても、発生頻度(何回起こるか)は、なかなかゼロに近づかないということです。誤食が発生する原因となる「食べる」回数が多いからです。

 

い)は、献立作成から発注、納品、調理、配膳…、いろいろな人の間を渡る間に起こるミスで、どの段階でも起こり得、そのミスが見過ごされ、ミスのまま次に渡され…という部分です。ヒューマン・エラーをゼロにしようとしても無理です。人間はミスをする生き物なので。「誤食をゼロにしなさい」と言われたら、正直な話、保育園はもう運営できません。もちろん、誤食をゼロに近づける努力は必要です。でも、絶対に誤食はゼロになりません。「誤食をゼロにしよう!」なんていう目標を立ててはいけません。そんな目標を立ててしばらくは起きないかもしれませんが、起きないからこそ人間は油断します。「これで大丈夫だね」と思い始めます。よほど危険です。「これだけ取り組んでいても、きっと起こるよ」と想定して、対応の練習(エピペン、搬送等)をしているから対応できるのです。

 

 ではどうするか。食物アレルギーをもっているお子さんを預かる時は、「(以上の理由から)誤食を絶対にゼロにできるという保証は、正直なところできません。ですが、ゼロに近づけるために〜の取り組みをしています(指さし声出しチェックなど具体的な取り組み)。そして、誤食した時にはお子さんの様子を観察し、必要な発症対応をすぐにとります。親御さんにもすぐに連絡します」「ですから、お子さんの診察結果、体調、家庭の食事で起きたことなどもその都度、細かく教えてください」と伝えることです。つまり、「誤食は起きない」という幻想を保護者に与えないこと、保育園が誤食のリスクをわかっていること。そして、保護者と園が連携して対応していくこと、冷静な発症対応をすることを伝えるリスク・コミュニケーションの大切さです。

 

 「誤食は絶対にさせません」、これだけは絶対に言ってはいけません。事故に「絶対起きない」はありませんので。特に、ヒューマン・エラー系のものは。

 

 そして、ことあるごとに自治体や国、保育団体に「今の配置では子どもの命すら守れない」「調理師も増やして」と伝えてください。「できる!」と言い張りたい、「できない」と言いたくないのが人間ですが、それでは結局、「できなかったのは、この保育園、この職員の責任」にされて、トカゲのしっぽ切りが続くだけです。

保護者とのプライベートな関わり

  • 2017.04.05 Wednesday
  • 19:41

 サボコ先生からご質問をいただきました。

-----

 掛札先生、ご無沙汰しております。(中略←掛札が削除しました)さて、ご執筆中のお忙しいところ、申し訳ありませんが、「保護者とのプライベートな関わりはどこまでが許容範囲か」ということについて、ご意見を伺いたく存じます。

 卒園や進級ということで、保護者が「打ち上げ」や「飲み会」を企画することの多い年度末。「先生も良かったら飲み会に来てください」と、お誘いを受けることがよくあります。今までは、職員の個人の判断で、出席したり、お断りしたり、ということが続いてきました。私自身も、何度か出席したことがありますし、特に年長の担任だった時などは、「最後だし」という思いもあり、断りづらい、ということもありました。もちろん良さもあったのですが、その後、弟妹が入園してきた場合など、妙に馴れ馴れしくなってしまって(こちらだけでなく、保護者のほうも)やりづらさを感じることも出てきました。

 私自身は、徐々に無くしていったほうがいいのかな、と思ってはいるのですが、職員の中には「個人の判断でいいんじゃないですか?」という意見もありますし、(少数ですが)むしろ、積極的に保護者とプライベートの付き合いをしたい、仲良くなりたい、という考えの職員もいるのが現状です。とても個別な要素のある問題だとは思いますので、最終的には、職員ともよく話し合い、園の考えを固めていきたいと思ってはいるのですが、一般的に、望ましい、常識的なスタンスを教えて頂けたら、と思います。

 
 実は、自分自身がいまだに小学校の時の先生と年賀状のやりとりをしているような人間でして。今の職場で職員の住所を非公開にしてから、卒園生からもらう年賀状がめっきり減ったことを、なんとなく寂しいな、なんて思ってしまうところがある私ですので、是非、線引きの仕方をアドバイス頂きたく、よろしくお願い致します!

------

 

 サボコ先生、年度末に返事を載せなかったのは、すでに決まっている会があった時に「どうしよう!」と悩んでしまう先生がいるだろうな、と思ったからです。

 

1)園がガイドライン決めて、職員と保護者に伝える。

2)園が決めても、断固、個人的なつきあいをしたいという職員の行動を止めることはできない。

以上。

 

 ですが、私がこの件でお尋ねをいただいた時に言うのは、次のような内容です。1にも2にも影響する内容です。

 

 もともと仲が悪かったり印象が悪かったりしたら、個人的なつきあいっていう話にはなりませんよね。だから、まあ、大丈夫(というかなんというか…・苦笑)。じゃあ、仲が良かったら、仲がいいんだから、個人的につきあってもいいのでは? いえいえ。仲が良かったのが途中で壊れたら? はっきり言って最悪です。この項目の「第一印象の弊害を意識的に消す」に書いてあることと共通します。仲良しが壊れると、落差が激しいので大変です。それが「保育者」と「保護者」だったら? 毎日、会わなきゃいけないんですよ…。

 

 今まで、そういうことにならなかったから、「大丈夫」と言えるだけです。もちろん、「これからも仲良くなった保護者と途中で仲が悪くなることなんてない!」と言い切れるならどうぞ。

 

 もうひとつ、仲が良い同士はいいかもしれませんが、それを見てやっかむ保育者も保護者もいます。悪意をもつ人がいたら?

 

 以上が私の答えです。後は園と個人の判断です。

 

かけふだ

 

子どもの写真、職員の写真について

  • 2017.03.26 Sunday
  • 21:21

まだ本が終わらない〜! じんましんも(あんまりひどくないけど)おさまらない〜!で、皆さま同様、てんやわんやの年度末を過ごしております掛札です。

 

さて、陽子先生から、写真つながりで下のスレッドにご質問をいただいたのですが、これはこれで大事なので、別立てにしておきます。私の回答に書きましたが、これは子どもの写真だけの話ではないので…。まずは、いただいた質問です。

-----

写真のことでの質問だったので関連があるかと思いましたのでお願いいたします。子ども達の使う個人ロッカーについてです。ロッカーの引き出し部分に、丸い窓があり、そこに今まで、マークシールを貼り、名前をテプラで貼っていたのですが、そこに子どもの写真を貼ることは、どうなのでしょうか?
園見学者や、工事業者など、他人が部屋に入ることもないわけではないので、むやみに写真を貼ることに抵抗があるのですが、私は考えすぎ、心配しすぎなのでしょうか?

----

 

陽子先生、ありがとうございます。ロッカーの小窓ならいいのかなあとは思います。小さいので。プラス、子どもは本当に成長が早いですし、貼った写真と本人が一致しない(笑)ぐらい、すぐに育ってしまったりもしますから…。

 

ただし、私はクラスの壁に大々的に全員の写真を貼って誕生日を書いたり、ましてやそれを廊下に貼ったりというのは、おやめになったほうがいいですよと申し上げます。プライバシーを公開してしまっていることになりますから。極端な話、おたよりに、今月のお誕生日のお子さんの下の名前を書くのはよいにしても、誕生日まで書く必要はないですよね。誕生日を間違えて書いてしまった、誕生日の子を一人ぬかしてしまった…と、これで問題になることもありますし。

 

もうひとつ、写真がらみで問題なのは、職員の写真を玄関先に名前と一緒に貼りだすことです。これはストーカーの原因にもなります(取り越し苦労ではなく、実際の話)。お散歩中、子どもについてくるだけでなく、保育士についてくる人もいます。朝晩の送迎時にさりげなく園に入ってきて、顔と名前を一致させようとしたら、できてしまうのです(これも単なる予想ではなく、実際の話)。

 

園の玄関の中に知らない人が入れるわけがない、と思わないでください。私は、送迎時に園内研修で保育園をうかがう時は、「こっそり園内に入ろう」と頑張ります。先に入る保護者さんにニッコリすれば、楽々入れます。そのまま玄関先でも職員の方に気づかれず、園の中まで入っていったことも、何度もあります。不審者っぽくしなければ、(送迎時は特に)侵入は容易にできます。

 

これを考えると、子どもの顔と名前を一致させるもの、職員の顔と名前を一致させるものを、玄関先に貼るのは、今の時代、おやめになったほうがよいと思います。クラスの中に職員一覧を貼っておくぶんにはいいかもしれませんが…。

 

陽子先生、いかがでしょうか。ロッカーの小窓程度なら、写真が小さいのでそれほど問題はないと思いますが…。

 

かけふだ

写真の撮影と販売について

  • 2017.03.24 Friday
  • 10:34

チカコ先生から、次のような質問をいただきました。

----

 先日は講演会、たいへんありがとうございました。早速翌日に参加した職員から参加できなかった職員に報告をする機会を設けました。新年度前の良い機会となりました。更に1歳児睡眠時呼吸なし、の想定で対応訓練も行いました。それを基に反省やこれからの意識付けを再確認したいと思います。


 さて、講演会の内容ではないのですが、アドバイスを頂きたいことがあります。29年度より写真販売を保護者主体となり、業者が撮影しネット販売することになる予定です。(今までは園が撮影、販売でした)その際、園として気を付ける点などについて教えていただきたいと思います。園児の命の安全に関わることではないのですが、園児を守ること、保育園を守ることには変わりはない事案です。よろしくお願いいたします。
----

 

チカコ先生、極端な話、「保護者主体で業者と契約してなさることですから、園は責任をとれません」と明確にすることです。ほんとに。

 

まあ、実際はそうはいかないでしょうけど…。でも、業者がなんらかの規則をもっているはずではないでしょうか。業者さんは責任をとりたくないので、ちゃんとしているはずです。業者が保護者にどう言っているのか、お尋ねになりました?

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM