節分の豆について。4つの深刻ハザードについて

  • 2017.01.16 Monday
  • 00:10

皆さま、

 

優先順位がいろいろと入れ替わっていて、食に関するページをNPOサイトに置くのが遅れております。が、取り急ぎ、今日、「安全に関するトピックス」に「7.食」を作り、節分の豆に関する情報を載せました。

 

もうひとつ、同じ「安全」の1−7に、子どもの命を容易に奪う4つのハザードについても書きました。お役立てください。

 

食はまず、こちらからNPOのサイトに移しつつ、整理していきます。

 

かけふだ

ピーナッツの件。11月1日の「睡眠」にコメントも

  • 2017.01.05 Thursday
  • 18:12

皆さま、

 

(この行は7日加筆)ピーナッツ摂取報道の件、卵と同じ話になりかねないので、NPOサイトのトップページ、「最新情報」に書きました。

 

(以下、5日)今年もよろしくお願いいたします。

 

11月1日のスレッド「睡眠チェック」にコメントをいただきました。私も書きますが、まず皆さま、お読みください。

「食の安全」スレッドにおさる先生からいただいたお尋ねには、ひとつコメントを頂戴しています。

 

どうぞ皆さんのご意見もお聞かせください。

 

かけふだ

子どもがかみつかれた時の対応

  • 2016.12.18 Sunday
  • 09:13

(食のスレッドは、この下にあります)

 

みづき先生から質問をいただきました。

----質問----

こんにちは。
0歳児が噛みつかれてしまい(三カ所)、保護者へどのような対応をしたら良いのか教えてください。
ただ謝って済むべきことなのか悩んでいます。よろしくお願い致します。

----質問終了----

 

園で通常、「保護者対応」と呼ばれているものは、クライシス・コミュニケーションです。つまり、危機(クライシス)が起きてしまった、その後のコミュニケーション。クライシス・コミュニケーションは、決して容易ではないということをまず理解してください。

・保護者の性格、保護者の家族(例:祖父母)の性格や保護者とその家族の関係

・保護者と園、担任のこれまでの関係(その中でこじれがあったとしても、園側には見えていないことが多々ある)

・今回のできごとの内容

・今回のできごとに対する対応

・起きるであろうできごとに対して、起きる前に園側が伝えてきたか。伝えてきたとしたら、どう伝えてきたか(リスク・コミュニケーション)

 

こうしたことをすべて加味して、1件1件、解決しなければいけないのが、保護者対応(クライシス・コミュニケーション)なのです。なので、みづき先生がおっしゃっていることについては、一般的な回答しかできません。

・年度の初めなどに、かみつき、ひっかきは必ず起こるということを伝えたか

・園側としては、できる限りかみつき、ひっかきにならず、子どもたちが関われるように促すと、その時に伝えたか

これは下のA−2に書いてある内容です。

http://daycaresafety.org/topics_risk_comm1.html

 

上の内容をまったく伝えていないとなると、今、この時点で「かみつき、ひっかきは育ちの中で起こることで…」と説明しても、保護者は「屁理屈を言うな」といっそう怒る可能性すらあります(これはその保護者とのこれまでの関係によります)。

 

そして、仮に今回はその保護者が納得したとしても、次が起きれば「また起きた!」ということになるでしょう。でも、かみつき、ひっかきをゼロにすることはほぼ不可能です。そうなると、保護者が怒った場合には残念ながら同じように伝え、謝る以外にないということに、現状ではなります。

 

人手不足が解消され、人員配置が今より豊かになり、保育者がゆとりをもって子ども一人ひとりと関われるようになれば違ってくると思います。また、子どもたちが外で思い切りからだを長い時間、自由に動かすことできるようになれば違ってくるのかもしれません(「外遊びが多い園では、かみつき、ひっかきが少ない」と保育士さんたちはおっしゃいますので。…科学的な裏付けデータはないと思いますが)。

 

みづき先生、いかがでしょうか。ご意見、「そうじゃないんだけど」「今はこうなってる状況」など、教えてくださいませ。

 

かけふだ

食の安全(12月9日加筆)

  • 2016.12.04 Sunday
  • 19:23

マミオ先生のご質問「母語が日本語でない保護者に伝える」は、このスレッドの下にあります。

 

(次は、「栽培のミニトマト、トマト、について」です。)

 

(2016年12月9日)

 12月4日に書いた3)に関連する話です。今日、「乳児期からごく少量の卵を食べ続けることで、その後の卵アレルギーの発症率が下がった」というニュースが出ました(「卵アレルギー ランセット」で検索すると出てきます)。これで「卵を少しずつ食べさせて!」という保護者が増える可能性があります。その時のために…。

・「すでに卵アレルギーを発症している場合はまねをしないでほしい。卵を十分加熱していない場合もアレルギーを起こしやすいため危険があり、必ず専門医に相談してほしい」と、研究グループの大矢幸弘・国立成育医療研究センターアレルギー科医長は言っています(毎日新聞記事)。

・この研究で、乳児が摂取した卵の量はゆで卵に換算して1日1グラム以下であり、保育園でできることではありません。この実験の前に行われた英国の研究は摂取量が今回よりも少し多く、摂取開始直後からアレルギーを発症した子どももいるそうです(毎日新聞記事)。ということは、この研究のようなきわめて管理された環境で、ごく少量の卵でしかできないということです。

・結果は、卵アレルギーの発症率が卵摂取グループで「下がった」だけであり、卵を早く摂取した子どもたちすべてが卵アレルギーを「発症しなかった」わけではありません。

 下の3)に書いた通り、研究結果はこのように少しずつ出始めていますが、結論ではありません。「こうすればこうなる(結論の断定)」ではなく、「こうするとこうなる確率が上がる(下がる)ことが示唆された」だけです。

 

 

(2016年12月4日)

〔質問:どうしたら保護者の協力/理解を得られる?〕

・保護者の人が家庭で食べさせたもののチェック表を記入してくれない(食材はまず家庭で食べさせてから、なので、チェックをしてほしい)。

・アレルギーとわかっている(診断書が出ている)のに、保護者が作ってくる弁当にアレルギー食材が使われている。伝えても変わらない。

・離乳食の種類を広げたいが、「アレルギーが心配なので」「まだ食べさせたくない」と保護者が非常に限られた食材しか使わない。

〔回答〕

 そのお子さんの健康に責任を持っているのは、基本的に保護者です。いただいた質問のような内容まで指すわけではありませんが、「医療ネグレクト」(日本小児科学会)というものもあることを、まず頭の中に入れておいてください。

 「ご家庭で食べたものを教えてくださいね」「アレルギーを起こすものが入っていましたよ」「〇〇のようなものももう食べられると思います」と何度も声をかけることは大切です。でも、保護者が気にしない、聞かない、あるいは「うるさい」「ほっといて」といった態度を取り始めたら…? 

1)そのような事態(聞かない、気にしない)が起きていることを、保育・子育て関係部署に伝えましょう。事態が深刻になってからだと、「なぜ今まで報告しなかった」と言われる可能性があるからです。

2)食材の種類の多寡によって発育に問題があるかどうかは、主観的に考えるべきではありません。成長曲線を記入していき、いずれかの曲線からはずれ始めたら、関係部署、園医等に伝えるなどする。とにかくその子の健康データを蓄積しましょう(掛札は元・健診団体勤務で、成長曲線の勉強も「門前の小僧」でけっこうしましたから…)。

3)保護者が「食べさせないで」と言っているなら、それでよいと考えるべき。

・「園の判断で食べさせました」でもかまわないのかもしれませんが、それをしたら保護者はどう感じるでしょうか。もしそれで何か健康問題が起きたら? 

・アレルギー発症予防のために、食材を早く食べさせ始めたほうがいいのか、それとも一定期間待ったほうがいいのかは、論文が少し出始めた状態です。まだまだ結論は出ていません。ネット上にはいろいろ書いてありますが、医学上はまったく答えが出ていません。

・欧米ではvegan(ベジタリアンよりも厳しく、卵や動物乳も一切とらない)の保護者が乳児をvegan食で育て、深刻な栄養失調にしたために逮捕、または子どもが保護されている事例が複数報告されています。このような事例が保育園で起こるとはあまり思えませんが、もしこのような極端な食を求められた場合には、保育・子育て関係部署とすぐに相談するべきだと思います。もちろん、「宗教(文化)食」はこれとは異なります。

4)保護者の姿勢とは無関係に、家で食べさせていないと思われる食材をやむなく園で食べさせる時、あるいは、保護者が作ってきた弁当にアレルギー食材が入っている時は、その旨、記録をしておく(弁当は写真撮影)。保護者に電話で確認をとったのであれば、その旨と内容も記録。そして、子どもになんらかの症状が出たら、すぐ保護者に連絡する(湿疹や発赤は写真を撮っておく。迎えに来た時には薄く消えている場合が多いので)。つまり、保育園としては最善の努力をしているという事実の記録です。

 

 

(2016年11月29日)

 今回の話題に直結する、ちょうどいい事例をNPO理事の所さんが出してくださいました(偶然ですが)。NPOサイトの「製品安全」の所を見てください。これから、行事の時などにも登場するラムネの小麦混入です。それも、製造工程の混入なので、袋を見てもわかりません。小麦アレルギーのお子さんがいる園の皆さん。ラムネを買ったら、またはお菓子の中にラムネの小袋が入っていたらチェック!

 

「製造元」「販売元」を見る→ここに掲載されている3つの製造元/販売元だったら商品を確認する→不安だったら製造元/販売元に電話をする。

 

食物アレルギーであれなんであれ、心配だったら製造元/販売元に電話をする、これは大事です。NPOサイトの「リンク」のページにも置いてありますが、消費者庁のこの文書の最後のページを見てください。「わからなかったら、とにかく販売元、製造元に聞く」「販売元、製造元の回答の態度に問題があったら、消費者庁に連絡する」です。  (まだまだ続きます)

 

 

(2016年11月26日)

関西で「食」に関するお話をさせていただきました。食物アレルギーだけでなく、異物混入、食中毒、感染症まで…。残念ながらまったく時間が足りず、事前にいただいていた質問にも答えきれませんでした。ですから、こちらで続けていきます。当日ご参加くださった調理師、栄養士、保育士の皆さんだけでなく、誰でもどうぞ!です。この本文自体、増えていきます。今書いている26日分を一番下にして、どんどん上に書き足していきます。

 

1)まず、丸のままのミニトマトと白玉(白玉風の団子)の誤嚥について書いている内閣府のガイドラインはこちら。

「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン 予防 施設向け」

 この文書の3ページめ、真ん中あたりに「過去に、誤嚥、窒息などの事故が起きた食材(例:白玉風のだんご、 丸のままのミニトマト等)は、誤嚥を引き起こす可能性について保護者 に説明し、使用しないことが望ましい。」と書かれています。これだけが誤嚥、窒息を起こす食べ物ではありませんし、他にも報告されていないだけで重症の誤嚥窒息を起こしている食べ物はあります。ですから、これだけをわざわざ取り上げることにはなんの意味もありません(他の食べものは安心と思われてしまう)。

 しかしながら、とにかくこのように書かれてしまった以上、次に深刻事故が起きたら社会的責任を問われる可能性が高くなります。栽培のトマト、ミニトマトも同様です(トマトも育つ途中は「ミニ」であり、子どもは緑のものも口に入れて詰まらせています)。

 

2)餅つきについては、昨年末のスレッドがここにあります

昨年末に起きた餅つきが原因とされるノロ集団感染事例は、「ニュース」にあります。こちらの1つめと3つめです。

 

3)各園のマニュアルを改善するためのマニュアルは年末になんとかNPOサイトに掲載したいと思っていますが、まずはとりあえずこちらの27ページをご覧ください。

「教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン 予防 施設向け」

「声をかけあう」「連携する」「気をつける」「チェックする」「共通認識を持つ」「確認する」「所定の場所に置く」「いつもの場所に置く」といった各園のマニュアルの中の言葉について、「これは、職員によって行動が違ってしまわないかな?」と考えてみる。そして「違ってしまう」「違っている」と思ったら、「誰がしても同じ明確な行動の表現に書き換える」、これが基本です。

母語が日本語ではない保護者に伝える

  • 2016.11.29 Tuesday
  • 11:19

マミオ先生から、質問をいただきました。これは、すでに取り組んでいる園もあるはずです。知恵を貸してください。私のアタマだけでは限界があります。

----

はじめまして。先日、先生の研修に参加させてもらった者です。とても勉強になりもっと話を聞きたいと思いました。
私は某私立保育園で2歳児の担任をしています。最近、噛みつきや引っ掻きが多く、保護者に経緯を伝えているのですが、保護者の中には外国人もいて…伝えたいことがうまく伝わりません。日常生活に困らない程度の日本語は分かるらしいのですが…
成長の過程であることを伝えたいのですがあまり理解できないようです。
やはり外国人には伝えるのは難しいのでしょうか?

----

 

1)まず、ご自身の自治体に聞いてみてください。自治体によっては、多言語通訳を電話を通じてするサービスを持っていますから。

2)次に、これをちょっと見てください。役に立つものがあるかもしれません。

学校などの多言語通知文例紹介サイト(桐生市)

http://www.kiea.jp/useful_info.html

外国人住民支援ツール(神奈川)

http://www.kifjp.org/kcns/tool/

3)園内に掲示を出して、「保護者の方で●●語ができる方はいらっしゃいませんか?」と尋ねてみる。

 

まずは手始めにいかがでしょうか。

 

英語だったら私にもお手伝いできるんですが…。

コメントへのお答え2つ

  • 2016.11.17 Thursday
  • 13:40

1)がん先生、コメントありがとうございます。大丈夫です。コミュニケーション関連の悩みは山のようにうかがっていて、特定の事例を細かくお話しすることは一切ありませんから。ご安心ください (^^)   先生にご相談いただいた時はたいしたお答えもできませんでしたが(ごめんなさい!)、立ち直っておいでになったご様子、よかったです! また、いつでもどうぞ。

 

2)ながやま先生、12月4日は、うちのセンターのセミナーではありません。一般社団法人子ども安全計画研究所のセミナーです。以下は、猪熊弘子さんのFacebookからコピーした内容です。申し込み等は特に要らないようです。

【一般社団法人 子ども安全計画研究所設立記念 「保育・教育施設における子どもの安全を考える」シンポジウムのご案内】

(終了しましたので、内容は削除しました)

更新情報 & りり先生へ

  • 2016.11.08 Tuesday
  • 22:26

11月8日です。風邪をひきかけているので、必死に快復しようとしております。風邪だけはひけない〜。皆さんが待っているのに、「ごめんなさい、行けません」とは言えない〜。葛根湯を飲んでがんばりまふ。

 

ちょっと下のほうになりますが「朝食の大切さ」、そして「方針を変える時」と「マスク着用」にコメントをいただいています。マスクはいろいろご意見があるかと…。「朝食」の件も実際、朝食を保護者と子どもに出す(有料)園が出てきたようです。どうなんでしょうね。ご意見をください! 朝ごはんを食べてこないお子さんって、けっこういるのかしら?

 

りり先生、コメントありがとうございます。公表しませんからご安心を。りり先生からのお話だけで判断することはできませんが、園の中で「悪者」にされてしまっている(もう一人の先生がいろいろ言っているために)らしいことはわかります。りり先生の側に立っている先生はいますか? 一人でもいるなら、その先生と一緒に頑張ってみてください、子どもたちのために。りり先生の側に立っている先生が一人もいないから、無理をしないことです。

 

どこにも「完璧な人員がそろっている保育園」はありません。それぞれの人たちがたとえ完璧であっても、人間ですから好き嫌いはあります。好き嫌いがない人間なんていません。だから、正味な話、「もっといい園があるかも」と思って移っても、結局、人間相手ですからいろいろあるのです。そう考えた時に、今の職場が勤め続けられるところかどうか、という判断だと思います。いかがでしょう…? ここにコメントを書き込んでくだされば、公開しないでお返事します。私の言葉で役に立つかどうかはわかりませんが (^^;;;

マスク着用について。これは意見さまざまでしょうね!

  • 2016.11.06 Sunday
  • 17:50

(「お迎え時間帯の安全」のスレッドにサボコ先生のコメントをいただいています)

 

サクラ先生から下のようなお尋ねをいただきました。マスク着用については、「自分の顔を隠したい、という意図の先生もいるようだ」という話さえあり…。掛札はしばらく黙っておりますから、皆さん、ご意見をください!

 

--- ここからサクラ先生のお尋ね ----

 

先日は先生のパワフルかつ優しい研修でのお話を伺い、命を預かる責任と保育士の心のケアの重要性など、いろいろな事を考えさせていただきました。ありがとうございます。

さて、これからの季節、感染症が増えてくるかと思いますが、保育士のマスク着用について皆様の意見を伺えればと思います。

マスク着用の理由は、
〇劼匹發悗Δ弔気覆で枸
⊆身が感染しないよう防御
G杼兄などの衛生面の配慮
以上が主な理由と考えられますが、の配膳時や食事対応時は着用したほうが良いと思いますが、´△陵由によるマスク着用は個人的に好ましくないと考えています。

・風邪気味でも勤務せざるを得ない状況は理解できますが、体調のすぐれない状況で保育にあたるべきではなく、勤務は控えるべき。
・顔のほとんどを覆うマスク着用では、先生の表情が見えず、子どもは不安。先生の表情は保育に不可欠。

上記が私が考える理由です。
子どもや保育士の健康管理には配慮するべきですが、保育士全員マスク着用で保育にあたる様子は異常に感じます。感染防止の理由でマスク着用を積極的に勧めている園が多いと伺いましたが、実際はどうなのでしょうか?

 

睡眠チェックについて

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 22:08

もうひとつ、これも個人サイトのほうに質問をいただきました。ぶんぶ先生からです。

-----

いつもブログを拝見しております。ありがとうございます。ひとつ質問があります。
SIDSチェックについてですが、いま園の方で「チェック表」を作成し、0歳児・入所2か月のお子様は5分おき、1・2歳児クラスのお子様は10分おきにチェックをしております。この「SIDSチェック」のチェック表は、ビデオカメラを設置した場合でも必要でしょうか?「だれが、いつ、どのように何をチェックしたか」を動画で記録できれば、書類自体必要がなくなるのでは?と考えています。ただ、「死角がない」前提のお話にはなりますが・・・。
またチェック表があることで、意識をもってチェックできるという意見もあるでしょうが。
何かアドバイス・ご意見があれば教えて頂きたいと思います。

-----

 

お答えです。そうですね…「死角がない」という前提です。そして、たぶんこの前提は達成不可能です。ひとつのビデオカメラでは、絶対に死角ができてしまいます。

内閣府の安全ガイドラインのために書いた下書きに書きましたが、ビデオは「異常が起きた時の記録と対応の証拠」として重要です。また、チェック表が嘘チェックではない(実際にチェック行動をしている)という補完の証拠として重要だと思いますが、それだけでOKとは言えないと私は考えますが…。

(下書きはこちらにリンクが置いてあります。)

http://daycaresafety.org/topics_guideline.html

 

睡眠の「3−1」にも書き足しましたが、睡眠チェック表を細かくする必要はないと思います。簡素に事実を書く。その補完としてビデオ、というのはよいのかな?と。もうひとつ、今は保育園でそもそもゼロ歳児の部屋にカメラが設置されていて、保護者が外からネット経由で様子を見ることができるシステムもあります(クリニック併設の病児保育室などはけっこう普及しているようです)。この手もあると思います。保護者の安心のためにも。

 

いかがでしょう?

保育施設における睡眠について

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 21:59

掛札個人サイトのほうにいただいていたご質問です。

 

NPO法人で小規模保育事業保育園を運営しています
講義の中で「子どもの睡眠の保証をする必要はない」との掛札先生の発言がありました
最近まで在職していた保育士に「子どもの睡眠の保証」を主張する者がおりました。ですので、「子どもの睡眠の保証をする必要はない」という先生の発言が少々驚きで「えっ、子どもの睡眠の保証をする必要はないの?」とそこで引っかかってしまい、どうやら先生のその後の発言を聞き漏らしたようで、何故「子どもの睡眠の保証をする必要はない」のかを認識できずにおり、保育園の職員にも説明でません。何故「子どもの睡眠の保証をする必要はない」のか教えてください
お願いします。

ウサギのバイクより

----

 

お答えさせていただきますね。保育園がそもそも、これだけ多数の子を長時間にわたって、「まるで家庭のように預かる」こと自体の問題点です。もちろん、長時間、預けたい時や預けたい人がいるのは事実です。それはまったく否定しません。けれども、子どもの基本的な育ちをすべきは家庭です(「母親です」とは言っていません)。保育園で食べさせねば、保育園で寝かさなければ、保育園で遊ばせねば…。これが社会のあり方なのか?ということです。

 

もうひとつ、私が見る限り(睡眠の安全の「3−1」にも書きましたが)保育士さんは、「子どもを定時に寝かしつけ、一定時間起こさないこと」に必死になっています。それは「眠りの保証」なのかもしれませんが、別にあるのは「午睡時間=作業時間」だからです。小規模保育の場合は違うのかもしれませんが…。

 

つまり、「まず子どもの睡眠の保証をすべきは家庭であり、保育施設がその代替となるべきではない」という意味です。いかがでしょうか。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM