「子育てひろば」関係の方、ご質問をどうぞ

  • 2016.08.19 Friday
  • 11:58

「子育てひろば」の皆さま、お約束通り、こちらに質問スレッドを立てておきます。なんでもどうぞ!

 

かけふだ

保育士の虐待を防ぐ (2)

  • 2016.08.17 Wednesday
  • 19:30

 コメントをいただいたので、こちらに転載します。まめ先生、コメント、ありがとうございます。

 

 いろいろなことでぐるぐるしている私ですが、もうちょっとぐるぐるします。皆さん、コメントをくださいませ。

 

----


 こちらを拝見していて、自分には果たして保育士としての適性があるのか?というところでぐるぐるしていました。
 私は保育中、余裕のない時に特定の子どもを虐待していました。(普段から泣き止まない子、手のかかる子など、余計にこちらの余裕をなくすような子が対象でした)
 それも跡が残ったり周りにばれたりしないようにこっそり…。
 最低だな、と思う自分と、何も感じない自分とがそこにいました。
 やることが多すぎて思考がストップしてしまっているかのようでした。
 そこに自分の闇がある気がしてなりません。

 もちろん、仕事に誇りを持って保育士をしていましたし、一緒に働く同僚たちのことも想い、どうしたら仕事がしやすいか、自分にできることは他にないかなどを考えて働いていました。
 でもそこに子どもへの想いが欠けていたのかなぁとも思いました。
 こんな考えの私のみたいな人間は保育士の適性がもともとなかったのかもしれないとも思いました。

 今、子どもを持ってみて、自分の子どもたちがそんなことをされていたら…と思うと絶対に許せないので、私がしてきたことって本当にひどいことだったんだと…自分の膿を出すためにという自己中心的な理由ですがコメントさせていただきました。

言い回しに困ったら(新スレッド)

  • 2016.08.17 Wednesday
  • 19:21

皆さま、

 

コミュニケーション関係で困ったら、どんなに小さなことでも書き込んでくださいませ〜。2か月も続いた私の不調状態も、ようやく元通りになりそうです。無理をするなってことでしょう。

 

さて、ひとつ。makko先生から。

 

「臭いについての伝え方で困っていました。園児の持ってくる衣類・シーツが芳香剤の匂いではなくカビ?臭いにおいがするのです。においには感じ方や好みもありますが、細菌繁殖の可能性もあります。お伝えしたいのですが、どのようにしたらよいでしょうか?個人的に伝えたほうが良いのか、お便りで全員に伝えたほうが良いのか悩みます。
 保護者への声掛けにまだまだ不慣れな私です。何か良い方法がありましたら教えてください。」

 

うわあ、難しい。難しいです、臭いは。自分で気づいていない人に気づいてもらうのは、大変。「その香水、ちょっときつすぎるよ!」「柔軟剤、入れすぎなんじゃない?」ならまだ言えるのですが、それ以外の臭いは…。ものをはっきり言う米国人でも、「同僚に言えないこと」のひとつなのです。

 

私だったらたとえば、「着替えの中に、部屋干し臭がするものが時折あります。ちょっと臭うかな?とお感じになったら、洗濯洗剤を変えてみてはいかがでしょうか。臭いが強い場合には、保護者の方にお伝えします」とおたよりなどに書いておき、その後、臭いが消えない場合は口頭で伝えると思います。いかがでしょう…。

 

かけふだ

いろいろ、です

  • 2016.08.04 Thursday
  • 13:12

1)下のほうのスレッドに「『大丈夫』が多い私の園の先生たちをどうしたらいいか」とコメントを書いてくださったゆう先生、ぜひ、「安全のトピックス」の「安全全般」の一番上に載せた「深刻事故対応を具体的につくるための考え方」を使って、園内で考えてみてください。例で説明しているので、わかりやすいかと…。下の「ぼちぼち離陸中」のサボコ先生のコメントも参考になさってください。サボコ先生、いつもありがとうございます!

 

2)「先輩とのコミュニケーション」の質問をお寄せくださった先生から、その後のコメントをいただきました。今、お休みなさっているとのこと、休む時はしっかり休んでくださいね (^^)

 

コメントの一部をコピーさせていただきますね。

-----コピー始まり----

「あれからいろんな事を考え、ペアの先生には誰も頼れる人がいなかった事に気が付きました。皆その先生の保育を評価するだけで、具体策は教えてあげていなかったんです。ペアの先生も責任と日々の業務で辛かったと思います。

そして今わたしのクラスにはフリーの先生が入り、クラスの立て直しをしてくれています。「ペアの先生にもう一度保育の自信を取り戻してもらおう作戦」らしいです。上手くいかなかったら、力を合わせて他のやり方を考える!。そんな先生たちの知恵や人間性ってスゴイなあ…と感動してしまいました。

もっといい環境で、もっと大人も子供も楽しくやっていけたらいいのになあと心から思います。でも、何をしたら環境って変わるんだろう…」

-----コピー終わり-----

 

今、どこへ行ってもつくづく思う結論は、これだけです。「保育が十分にできるような環境じゃない」。それは、人数も時間も、です。特に、過去5年ぐらいの間に保育のお仕事を始めた皆さん、今の状況が異常なんです。保育者も大変、子どもも大変、それは、現場の人たちがどうこうしようとして変わるものじゃありません。「何をしたら環境って変わるんだろう」と書いてらっしゃいますが、政府、自治体、企業が「11時間も13時間も、毎日毎日、月曜から土曜まで、ゼロ歳児から預けて働かなきゃいけない社会って、ほんとにいいの?」と考え直さない限り、保育はまともにならない。そして、そのしわ寄せを食うのは、保育者であり、なにより子どもです。

 

保育現場に余裕がなさすぎる。そうするとコミュニケーションも悪くなる、連絡も悪くなって、保護者との関係も悪くなる。余裕がないこと自体は、保育現場でどうにもできないのに、なんとか小手先ででも解決していかないと、職員の人たちもどんどん疲弊していくばかり。根本の問題が解決しないなかで、小手先の解決策しかお伝えできない自分に腹が立つのも事実です。

 

3)体調報告:食物アレルギーは改善しましたが、15年以上ぶりに不安発作(いわゆるパニック発作)を起こしかける状態が続いております。慣れているので、本格的な発作にはなりませんが、「ほれ、ストレスたまってるんだからさあ」と我がからだは言っておりまする。

 

皆さん、なかなかとれないとはいえ、少しは夏休み、休んでくださいね!

 

かけふだいつみ

ぼちぼち離陸中…。

  • 2016.07.27 Wednesday
  • 23:23

皆さま、

 

下の「虐待」についてコメントを寄せてくださったmakko先生、てふ先生、ありがとうございます。サイトの最低限の更新しかできず…。さっきようやく「公開」にしました。

 

20年ぶりぐらいに盛大に出た食物アレルギー(成人発症・遅発型)がようやくおさまったと思ったら、生まれて初めてのめまいに襲われ…。まだ頭は軽い感じなのですが、ホームの端は歩かない、道路もできる限り車道側を歩かないを行動規範にして、日々を生きております。「3度目のはねられ事故」は要りませんから (^^;;;

 

栃木の溺水、睡眠中の死亡、先ほどニュースに載せた労働基準法違反。もうほんとに、どうしたらいいの?な気分です。栃木の溺水の記事をネットで見た瞬間(夜でした)、家の中で一人で「うわ、うわ、うわ、起きちゃったよ〜」と叫んでしまいました。そして、涙が出ました(ですから、私、涙もろいんですってば)。

 

保育士さんは働き過ぎなの。本当は保護者がすべきことまで抱え込んでるの。いいかげん「もうダメだよ。これは親がすることだよ」って手を離さなかったら、保育士はもっともっとつらくなる。深刻事故も増える。だって、疲れているんだから。シフトがバラバラで、起きる時間も寝る時間も毎日違う。体に悪い。精神状態にも悪い。疫学研究でもわかりきっている事実。なのに、世の中は「給料さえ上げればいいだろう」と言う。冗談じゃないですよ。「あれもさせてください」「これもさせてください」…、誰が子育てをしているんでしょうね。そして、疲弊する現場で深刻事故は起きる。責められるのは、保育士。給料が10万上がったら、楽しく働けますか?

 

虐待だってそうです。もちろん、つい手が出る人、つい声が怖くなる人はいる。でも、ストレスが強い状況の中では、本来そうではない人でもいらだつ。手も出るし、声も怖くなる。保育士に対して子どもが多すぎる。環境の中の子どもの絶対数が多すぎる。保護者から来るニーズも、出さなきゃいけない書類も、仕事も多すぎる。それでも、穏やかに過ごせるのか。

 

先生のコメントは非公開にしてありますけど、ゆう先生、大丈夫です、閉鎖はしないです。いろいろな現場を見させていただいている私は私でつらいけど、もっともっとつらいのは、現場で毎日働いている先生たちだから。頑張っている先生がいて、私が倒れない限りは続けます。でもね、本当にこれからもっと大変になる。来年はかなり大変。へたすると、再来年もまだ大変。それだけは覚悟しておかないと。

 

私のパソコンに出てくるネット広告の大部分は、「保育士募集」「人材派遣」なんですけど(笑)、「もっといい仕事がないかな」なんて甘い言葉に乗らないほうがいいと思います。今いるところで頭を低くして、みんなで力を合わせて乗り切っていくことが今は一番大事。もちろん、パワハラや、さっきニュースに載せたような法律違反は、はっきり相談しましょう。

 

ばらばらな話でした。読んでくださって、ありがとうございます。

申し訳ございません(プールの排水についても)

  • 2016.07.04 Monday
  • 09:31

皆さま、

 

現在、持病の食物アレルギーがひどく、予定が入っている仕事以外をするのが非常に困難な状況です。アナフィラキシーを起こすタイプではないのですが、本格的に発症し始めるとかなりやっかいなものでありまして…。つきましては、更新等、さまざま遅れがちになりますが、お許しください。

 

1)このブログは私だけが回答するものではありませんので、皆さんもどんどん回答していってください。こちらで公開ボタンを押します。

 

2)ご心配のメッセージ等はこちらに投稿しないようお願いいたします。お気持ちはありがたいのですが、いただいた回答と混ざるとわからなくなってしまいますので。

 

3)プールの排水についてですが、担当してくれていた友人が病気で倒れてしまい、うまく引き継げていないことなどがありまして滞っております。情報提供活動自体がすべてボランティアでありますため、このようなことが起きてしまいますが、ご理解いただけるとありがたく存じます。引き継ぎができ次第、お伝えしていきます。ちなみに商品化自体は無理そうだということはわかったので、方法だけをお伝えすることになると思います。

 

以上、よろしくお願いいたします。

 

かけふだいつみ

保育士の虐待を防ぐ

  • 2016.06.11 Saturday
  • 07:53
まぁさん先生から、園内で保育士の虐待を防ぐには?というご質問をいただきました。

長くなるでしょうし、議論も沸騰するかもしれませんので、まず、整理から。

1)もともと子どもが嫌いな人、保育という仕事が嫌いな人(適性を欠く人)が保育者になっている。

1ではなかった場合、
2)感情コントロールがうまくなく、感情が声や行動に直結する
3)感情コントロールはできるはずなのだが、ストレスが強すぎて、コントロールの範囲を超える
 ・ストレス原因は本人個人(家庭等)
 ・ストレス原因は職場(他の保育者、子ども、保護者)

他の面からみると
1)「虐待」とみなされる行動、言動をしていると気づいているが、やめない、やめられない。
2)「虐待」とみなされる行動、言動をしていると思っていない。

うーん。仕事に行かなければならないので、続きます。皆さんもご意見などをくださいませ。

かみつき、ひっかきのお返事

  • 2016.06.07 Tuesday
  • 18:11
エツコ先生、

ごめんなさい、遅くなりました。「かみつき、ひっかき」の所に書き込みました。ちょっと古い記事なので、ここにお知らせを。

http://hoikuanzen.jugem.jp/?eid=26#comments

サイトを作り続ける意義について考え中

  • 2016.06.02 Thursday
  • 12:15
皆さま、

過去にもうかがった園や自治体で、「前回のあと、うちのNPOのサイトを見てくださいました?」と聞くと、9割は「見ていない」。をいっ! 主任や園長すら「見ていない」がたくさんおいでになります。

サイトのアクセス・ログを見ると確かに、半分は繰り返しおいでになっている方の様子。でも、毎日、数百人はアクセスがあるのですが…。保育者じゃない人たちが見ているとか? うーん、わかりません。まあ、道理でアンケートの回答が少なかったわけです。

たった2時間や3時間お話をしただけでは、肝心な安全行動は具体的にわかるはずがないので、大切なことはサイトにすべて書いてあります。研修会においでにならなかった(おいでになることがない)方でもわかるようになっています。なのに、現場で読まれていない! 忙しいから? だから、スマホ対応にして、すき間時間に少しでもお読みいただけるようにしてあります。

「誰かが読んで、誰かが教えてくれるだろう」「誰かがやってくれるだろう」、この態度でそもそも保育や教育ができるでしょうか? 自分で勉強して、自分で行動することが保育であり教育だと思うのですけれども。そして、「大きな事故なんて、起こるはずがないから」…その楽観バイアスが油断を生みます。

いまや、お話をさせていただく時には毎回、「NPOサイトを見たことがありますか?」と聞いています。来年になっても「見た」が増えなかったら、本当にサイトを閉じて撤退することも考えます。使われないなら意味がないですし、わかっている人だけが読んでくださっても意味がないからです。私も、効果のないことや反応のないことに自分の大事な時間を使い続ける気にはなりません。

どうお考えですか? どうしたらいいのでしょうね。「保育者は文章を読むのが嫌い」で済む話でしょうか。これは安全の話だけでなく、保育・教育全体に関わることのように思います。 あ、「私は読んでいるけど、他の人はダメで…」みたいなことではなくて、どうしたらいいのか、ご意見をお聞かせいただけると嬉しいです。

先輩とのコミュニケーション:皆さんのアドバイスが必要です!!!

  • 2016.05.15 Sunday
  • 17:01
皆さま、

さて! 皆さんのアドバイスが必要です!!!! 絶対、皆さん、同じようなことで困っている、困っていた、乗り越えてきた…はずですから。
要約します。

・保育士2年目の先生。すでにかなり疲れていらっしゃいます。
・3歳児クラス24名を2人担人。グレーゾーンのお子さんもいる。
・もう一人の先生は、ン十年のベテラン、穏やかな人。でも、「そのペアの先生との保育観がなかなか合わず(掴めず)、だんだんストレスになってきました」とのこと。
・活発な子が多くて、「常に誰かしら廊下を走り回っている・鍵を開けてテラスを走っている・ロッカーの上に登る(!!)などなど、運動神経抜群」。ベテランの先生は、「やめなよ〜」とニコニコして終わるので、子どもたちが言うことを聞かない。結果的にこの先生が怒り役になってしまい、「余裕が全くないんです。本当に、感情的に怒ってしまったり…」とおっしゃっています。

★まずひとつ★ さて、皆さん、私は保育者ではないのでここはわからないのですが、こういうお子さんたち、どこにでもいますよね。どうしたらいいのでしょう? 

で、続きます。ここからは、かなり元のコメントのままです。

先日。クラスの掲示板に「保護者の方へ。毎日、着替え一式を個人のロッカーに用意してください」と紙が貼られていることに気づきました。先生に「これ、何ですか?」と尋ねると、「新入児は着替えの用意できないみたいだから、親に頼もうと思って。ダメだった?」

ダメも何も、もう掲示しちゃってるじゃん! できる子達をできない子に合わせる意味って?何もできない、やらない子供達を育てたいの? 色んな事が頭に浮かびましたが、咄嗟に言えませんでした。何より、「2年目だから、相談しなくていいと思われたのかな?」と思い、チームワークをしていく意志が完全になくなりました。

これから1年間、どう保育観を擦り合わせていけばいいか分かりません。先輩保育士とのコミュニケーションの取り方をどうか教えてください。

★ということで、後半も後半で、皆さん、お願いしますっ!!★ 
うーん。私だったら、「○○先生、まだまだ経験は浅いですけど、私も担任なので一緒に考えさせてください。お願いします」と穏やかに言うかなあと。相手の先生が穏やかなら大丈夫ではないかしらと。ロッカーに用意してもらう件は…。新入児の保護者にだけ頼むというわけにはいかないのかしらん。年度初めは本当に大変でしょうし。でも、すでにできる在園児さんを後戻りさせる必要はないから…。わからない! 皆さん、お願いします!!

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM